- Blog記事一覧

Blog記事一覧

良いと思っていたトレーニングが間違っていた・・・

2018.05.11 | Category: ストレッチ,股間節

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

本日指導をさせて頂いた女性の方は、股関節の臼蓋形成不全で股関節のはまりが浅い方でした。

長く座っていて立ち上がる時などに特に痛みや違和感がある状態。

受診された整形外科では、股関節のはまりが浅いのでストレッチと筋力トレーニングが必要と言われたそうです。
ご本人は、整体やマッサージを受けたほうが良いのかと思ったら医師からストレッチや筋力トレーニングが必要と言われたのでいろいろと探して私のところにお越しになられました。

整形外科でストレッチやトレーニングの運動が良いと言われたのですが、具体的には何をしたらいいのか教えてもらえなかったという事で、ご自分で方法をいろいろと調べられたそうです。

その中で継続して行っていた方法が、小さいボールを膝に挟んで内ももの筋肉を鍛えるという方法です。
それだけは毎日行なっていたのですが、股関節の状態もあまり変わらないという事で指導を受けに来られました。

実は、このような臼蓋形成不全の股関節の場合はボールを挟んでの運動はあまりお勧めいたしません。

はまりの浅い股関節がさらに不安定になりやすくなるからです。
むしろ逆に股関節を開く運動を積極的に行った方が良いです。

臼蓋形成不全の方は、内ももの筋肉が硬くなり股関節のはまりが浅いので太ももの骨が外側に飛び出やすくなります。
なので内ももの筋肉はストレッチで伸ばして、外側の足を開く筋肉をトレーニングする必要があります。

今まで行っていた方法が間違っていたという事と、硬くなっている筋肉を緩めないといけないという事に、ご本人も納得されていました。

同じように股関節のはまりが浅い方は、内ももは柔らかくして外側のお尻の筋肉をトレーニングするように取り組んでみてください。
痛みが強くなる場合は行わないように注意してください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

あなたの体に合ったマンツーマンのパーソナルトレーニング指導はこちらまで

地面からの力

2018.05.10 | Category: パフォーマンスアップ,外部指導,姿勢

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

本日は、高校野球のトレーニング指導をさせて頂きました。
夏の大会に向けて冬の間に取り組んだウエイトトレーニングの筋力を
より強く速く力を発揮できるようにパワー系のトレーニングを行いました。

高校生と一緒に行いましたが、高校生とは違いアラフォーのおじさんには指導後にとてもだるさが残りました・・・

今回は「地面からの力」という事をご紹介します。
どんなスポーツも地球上の重力のある中で行いますので、地面を押すことがとても大切になります。

地面を押すことで地面から体に向かって反発する力が伝わります。

イラストの左のようにまっすぐ立っていると均等に地面を押すことができるので、均等に地面からの反発する力を受けることができます。

イラストの右のように傾いた姿勢やどちらかにだけ偏った姿勢だと地面を押すことができませんし、均等に地面からの力を受けることができません。

これは、どんな時かというとジャンプ動作などです。
ジャンプするときに両足で踏み切るのと片足で踏み切るのでは、両足の方が地面を押す力が2つあるので片足の1つよりも2倍の力を発揮することができます。

これが片足の場合はどうなるかというと、膝を伸ばして片足立ちが出来るか?
というのがとても大切になります。

膝を伸ばして地面を押すことで、反対側の足が持ち上がります。
これは、野球の投げるときや打つときにつながります。

走るという事もこの地面を押すことの繰り返しになります。

小学生は6月に運動会になるところが多いので、速く走りたい子は膝を伸ばして片足立ちが出来るようにしてあげることが大切になります。

地面からの力を様々な場面に活かして頂きたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちらまで

ピアノ発表会

2018.04.23 | Category: 日常

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

昨日は、妻が運営しているピアノ教室の発表会でした。

年に1度のピアノ発表会ですが、毎年お手伝いをさせて頂いております。

今回は、長野市民芸術館のリサイタルホールをお借りして行いました。

講師演奏の練習中
いつもお世話になっているコンチェルトピアノ教室の関亜佳里先生と一緒のピアノデュオ

開演前の生徒さんたちの椅子の高さを調整中

会場の様子

集合写真

出席された生徒の皆さん、保護者の皆さんありがとうございました。
長野市民芸術館スタッフの皆さんもありがとうございました。

年に1度緊張する私の長い1日が終わりました。

きっと演奏される生徒の皆さんはもっと緊張していると思います。
皆さんとても上手でした。

楽にしゃがめるようになった

2018.04.18 | Category: 日常,未分類,膝の痛み

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

本日指導をさせて頂いた70代の女性の方は、しゃがむときに左の膝だけ痛みがありました。

もともと体力をつけたい、いつまでも自分の足で歩けるようにしたいという事で半年前から指導を受けに来て頂いております。
今では、毎日ご主人と一緒に足のストレッチとスクワットを日課に出来るようになりました。

スクワットは出来るのですが、スクワットよりも深く下までしゃがんだ時に左の膝が痛くなり立ち上がる時に力が入りにくいという事でした。

行って頂きたい方法は沢山あったのですが、家でも出来る簡単な方法をご紹介したところ、しゃがんだ時の膝の痛みがとても楽になられたそうです。

指導をさせて頂いた内容は、膝のお皿のマッサージです。

膝のお皿を上下の方向に50回くらい優しく動かします。
太ももに力が入っているとお皿が動かないので力を抜いて行います。
力が抜けない方は、膝の下に枕などを置いて少し膝が曲がった状態で行うと楽に動きます。

上下に動かしたら左右にも動かしてあげます。

ポイントは優しく最初は小さな動きで行います。

膝のお皿は滑車の役目を果たしています。
膝のお皿が動かなくなると滑車がうまく動かないのでしゃがみにくくなったり、しゃがんでから立つ動作もスムーズにできなくなります。

加齢とともにこの膝のお皿は動きにくくなりますので、ぜひ膝の動きを良くしたい方はお皿のマッサージを優しく行ってみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちらまで

長野マラソン

2018.04.15 | Category: 日常

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

本日は、長野マラソンが開催されました。

今年は、雨と風で出場された方は大変だったと思います。

お客様で出場された方が体のケアを受けに来られました。

10年以上、指導をさせて頂いているお客様です。
脚のケガ等もあり、久しぶりのフルマラソン完走でした。

おめでとうございます!
今回の完走メダルは20周年大会なので「20」のかたちでした。

これからも体づくりのお手伝いをさせて頂きます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちらまで

アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております