- Blog記事一覧 -効率良く走るには着地がポイント

効率良く走るには着地がポイント

2018.01.24 | Category: パフォーマンスアップ,外部指導

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。
体のパフォーマンスを高める方法、肩こりや腰痛に困らない正しい姿勢づくりを中心に指導しています。

昨日は、スワンプロジェクトのフィジカルトレーニング指導で長野市のホワイトリングに行きました。

毎年、冬のインシーズンになると参加者が少なくなりますが
昨日は、来年度からの9期生も加わり20名弱の参加者でした。

全員で10分間のジョギングを各自のペースで行いました。
皆それぞれのペースで走りますが、走るという動作がスムーズな子とぎこちない子の違いは着地する時の姿勢です。

特に足をつく動作の時に膝が沢山曲がってしまうのか?
あまり曲がらないのか?

着地時の膝の曲がる角度が大きいと衝撃を吸収することができますが、その分の筋力を余計に使います。
衝撃を吸収しすぎてしまうと、次の地面をけるという動作に時間がかかるので走る時の効率は下がります。

逆に着地時の膝が曲がりすぎないと、地面からの衝撃は大きいですがその分の地面からの反発力があるので着地した後に足が上に上がりやすくなります。

効率的にスムーズに走れている子は、着地した時に膝が大きく曲がりません。地面からの反発力を効率良く使えるのでどんどん前に進みます。

走るのが苦手な子は、着地時の膝に注目してみると良いと思います。
トレーニングとしては、つま先立ちで膝を伸ばしたまま歩く練習などをすると感覚が少しずつ分かるようになります。
毎日、コツコツ練習をしてもらいたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら


アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております