- Blog記事一覧 -ストレッチをするとしびれやお尻が痛くなる腰痛

ストレッチをするとしびれやお尻が痛くなる腰痛

2018.01.30 | Category: ストレッチ,姿勢,腰痛

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。
体のパフォーマンスを高める方法、肩こりや腰痛に困らない正しい姿勢づくりを中心に指導しています。

昨日、指導をさせて頂いた腰痛の女性の方の事例をご紹介させて頂きます。
腰痛があり、自己流でストレッチを行っていたそうですがストレッチをすることでお尻の痛みや足のしびれが強くなってしまうという事でした。

写真のように足を持ち上げるSLRという太もも裏側の柔軟性をチェックする方法があります。

太もも裏側の柔軟性や足にしびれが出るかチェックします。

今回指導をさせて頂いた方は、太もも裏側の柔軟性が低下している状態でした。
太もも裏側の柔軟性が低下すると、骨盤が後ろの傾いてしまいます。骨盤の後傾と言います。

骨盤が後傾すると腰から背中が丸まり猫背になりやすいです。

イラストの右側が骨盤が後傾して猫背になっている状態です。

このような状態が続くと椎間板ヘルニアなどの状態になりやすいです。

椎間板ヘルニアになると足のしびれなどが出てきます。

この女性の方は、椎間板ヘルニアの診断はされていませんでしたがMRIをとると椎間板が飛び出ているのかもしれません。
日常生活で常に腰が痛いというわけではありませんが、前にかがむと腰痛やお尻のあたりが痛くなるそうです。

・姿勢が猫背
 ↓
・太もも裏側が硬くなる
 ↓
・骨盤が後傾
 ↓
・背骨が丸まる
 ↓
・腰痛の症状がでる

普段の姿勢を直すことが大切ですし、その姿勢を直すために硬くなった太もも裏側の柔軟性を高める必要があります。

そのために行って頂いたストレッチ方法はこれです。

膝を曲げて抱えてもらいます。

そのまま膝を少しづつ伸ばしていきます。

太もも裏側が伸びる感じが出たらそのまま保持します。

写真のようにつま先を曲げるよりもつま先を天井に向けて行ったほうが、しびれが出にくくなります。

この女性の方もこのストレッチ方法でしびれやお尻の痛みがなくストレッチすることができました。
腰痛の症状が悪化しにくいストレッチですので、あなたが同じようにストレッチでしびれやお尻の痛みが出るのであればぜひ試してみてください。

もちろん痛みが悪化するようでしたら、行わないようにしてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら


アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております