- Blog記事一覧 -前にかがむと腰が痛い腰痛 その1

前にかがむと腰が痛い腰痛 その1

2018.02.03 | Category: ストレッチ,姿勢,腰痛

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。
体のパフォーマンスを高める方法、肩こりや腰痛に困らない正しい姿勢づくりを中心に指導しています。

今回は、前にかがむと痛くなる腰痛と運動についてご紹介いたします。

昨日、指導をさせて頂いた女性の方は介護のお仕事をされています。
特に前かがみになる動作が多かったりで腰が痛くなってしまったそうです。

ものすごく痛くて困り、整形外科を受診すると腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。
その時は、お仕事をお休みされて痛み止めを飲んで安静にしていたそうです。

整形外科の病院でもストレッチのプリントを頂いて自宅でも実践されていました。

それでも最近になり、以前と同じような腰痛になりそうで根本的にならないようにするにはどうしたらいいのか?
という事で、ご自分でいろいろと調べて最終的に腰痛にならない体づくりをしようと思われたそうです。

かがんだ時に痛くなる腰痛の方のポイントとしていくつかあるのですが、共通することは
腰を中心にかがんでしまうという事です。

地面に落ちたものを拾おうとする時に、どのように拾うのか?
多くの方が膝を伸ばして背中を丸めながら拾います。

これは軽いものを拾うくらいの動作ならそれほど問題ではないのですが、介護職のように人の体重を支えるなどの場合は介護する側の体への負担がとても大きくなってしまいます。

案の定、この女性の方も膝を伸ばして背中を丸めて前かがみになる動作でした。

この女性の方は硬くなっていたのは特にお尻と太もも裏側の筋肉です。
この部分が硬くなると股関節がうまく曲がらなくなります。
それによって、股関節より上の腰の部分を過剰に曲げてしまいます。

腰の関節自体は、股関節に比べて大きく曲がりません

でもお尻と太もも裏側の筋肉に硬くなってしまうことで正しい股関節の動きが出来なくなってしまっています。
なのでこの女性の方には硬くなった部分のストレッチと正しくかがむ動作を練習して頂きました。

今まで怖くて、苦手な前かがみ動作なのですぐにはできませんが正しく動かすことで痛みが出なかったり普段とは違う筋肉を使う感覚が少し理解できたそうです。

このような方法を繰り返し行い習得することで、前かがみ動作での腰痛が改善することが多いです。

あなたも同じように前にかがむと腰が痛くなるようでしたら、ぜひお尻と太もも裏側の筋肉をストレッチするようにしてみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

腰痛に困らない体を根本から作りたい方はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら


アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております