- Blog記事一覧 -お腹とお尻の関係

お腹とお尻の関係

2018.02.07 | Category: ストレッチ,姿勢,未分類,腰痛

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。
体のパフォーマンスを高める方法、肩こりや腰痛に困らない正しい姿勢づくりを中心に指導しています。

今回は、お腹とお尻の関係についてご紹介します。

当施設には、姿勢を良くしたいので個別に運動指導をしてくれるパーソナルトレーニングを希望されてお越しになる方が多いです。

姿勢を良くするには、運動でなくても整体やカイロプラクティックなどの骨の調整をしてくれるところもあります。
でも私のところにお越しになる方は、自分で運動して自分で改善していくという事を望まれてくる方が多いです。

そんな姿勢の改善を指導させていただく中で多いのが、

お腹やお尻に力が入らない方です。
特に腰が反りやすくなっているとお腹やお尻に力が入りにくくなってしまいます。

お腹とお尻に力が入らない人の多くは、腰が反りやすくなっています。
腰が反るという事は、腰痛にもなりやすくなります。

なぜお腹とお尻に力が入りにくいのか?

それは、腰を反って骨盤が前に傾く状態を作ってしまうのでそうなるとお腹もお尻も力が入りません。

自分の体でちょっと実験してみましょう!

A 腰を反った姿勢で一生懸命にお尻とお腹に力を入れてみます。
→おそらく力が入りにくいですし、お尻やお腹が硬くならないです。

B 背中を丸めて猫背姿勢にして一生懸命にお尻とお腹に力をいれます。
→きっとAよりも力が入りやすいです。
そもそも猫背姿勢にしたときにお腹やお尻に力を入れるようにすると猫背姿勢が完成します!

なので、お腹とお尻に力が入りにくい人は反り腰を作っている姿勢自体を自分で改善していかないといけません。

では、どうしたらいいのか?

反り腰を作っている硬くなった筋肉を緩める必要があります。
特に股関節の前側の筋肉や太もも前側の筋肉が硬くなっている人が多いです。

この硬くなっている筋肉をストレッチすることが必要になります。

股関節前側のストレッチ

太もも前側のストレッチ

このような形でストレッチをいたします。
もしこのようなストレッチをしても股関節前側や太もも前側の筋肉がつっぱる感じが出ないようでしたら、お腹の力が抜けている可能性があります。

お腹を凹ませるようにすると正しく伸びるようになります。

お尻やお腹に力が入りにい方、特に女性の方で反り腰に悩まれている方はぜひ参考にしてみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら


アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております