- Blog記事一覧 -歩いていると腰が痛くなる女性

歩いていると腰が痛くなる女性

2018.02.18 | Category: 姿勢,腰痛

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。
体のパフォーマンスを高める方法、肩こりや腰痛に困らない正しい姿勢づくりを中心に指導しています。

昨日、指導をさせて頂いた50代の女性の方のお話です。

普段は何ともないが、長く歩いていると腰が痛くなるという事でした。

いつも痛いわけではないので、病院には行かなかったそうです。
自分でもいろいろと情報を聴いたり、調べたりして姿勢が悪いのかな?という事で指導を受けに来られました。

まず体の検査をさせて頂き、どんな動きで腰痛が出るのか?
姿勢は?柔軟性は?など体の状態を評価しました。

歩くと痛くなる原因は、ご本人が気にされていたように姿勢でした。

特に横から見た時の姿勢が写真のように上半身と下半身がずれている姿勢でした。

このような上半身が後方に移動して下半身が前方に移動しています。
上半身と下半身をつないでいる腰の部分が上半身と下半身の前後の動きの境目になるので
とても負担がかかります。

これによりこの姿勢で長く歩くと腰痛になるという状態でした。

ちなみにお腹を少し凹ませて上半身と下半身の位置を整えると腰の違和感が軽減されました。

なので、指導をさせて頂いた内容は
この上下がずれている姿勢を改善する内容です。

お腹の腹筋が弱くなっているから腹筋をトレーニングすればいいというわけではありません。
このような姿勢には必ず硬い筋肉と弱い筋肉があります。

この硬い筋肉と弱い筋肉の両方のバランスを整える必要があります。
それには、マッサージだけするとか関節の動きを良くするとかだけでは改善しません。
改善してもすぐに戻ります。

必要なのは運動です。

硬くなった筋肉伸ばす運動と弱くなった筋肉を鍛える運動の2つが必要です。
この女性の方にはまず硬くなっていた筋肉を伸ばすストレッチを指導させて頂きました。

お腹に力を入れて腰の違和感がなくなったなら腹筋と鍛えた方が良いのでは?と思うかもしれません。
でもそのお腹に力が入るようにすることを制限(抑制)している硬くなった筋肉を緩める必要があります。

そのために必要なのがストレッチです。
なのでストレッチをまず指導させて頂きました。

同じように、歩くと腰が痛かったり姿勢が気になるようでしたら
まずは硬くなった筋肉のストレッチを行うようにしてください。

最後まで読んいただきありがとうございます。
あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちらまで

春までにパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら


アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております