- Blog記事一覧 -中学生の膝の痛み お皿が痛い

中学生の膝の痛み お皿が痛い

2018.02.23 | Category: パフォーマンスアップ,膝の痛み

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの17年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

今回は、膝のお皿の痛みについてご紹介します。

以前、中学生のオスグッドの対処方法をご紹介しました。

それに共通する部分でもあるのですが、膝のお皿の痛みがあります。
膝が痛くなっている方の多くは、この膝のお皿が動きにくくなっています。

膝のお皿はこの部分です。

では、なぜ膝のお皿の動きが大切なのか?
実は膝のお皿は滑車の役目を果たしています。

滑車にはロープがついていてロープを引くと滑車が回転します。
これによりロープを傷つけずに引くことができます。

膝のお皿にも太もも前側の筋肉がついています。
太ももの筋肉が伸び縮みする事で膝のお皿が上下に動きます。
この膝のお皿が動かないと膝の関節が動きにくくなります。

写真のように太ももの筋肉を手で上から押さえつけて膝の曲げ伸ばしをしてみてください。

きっと膝の曲げ伸ばしがスムーズにできなくなります。
逆に手を離すと膝の曲げ伸ばしが楽にできます。

膝の動きを良くするには、滑車の役目を果たしている膝のお皿を動くようにすること
それと膝のお皿についている太もも前側の筋肉を柔らかくすることが大切です。

1太もも前側の筋肉を柔らかくする
2膝のお皿の動きを良くする

この二つが出来ていないと膝のお皿が動かないので膝が正しい位置で曲げ伸ばしが出来なくなってしまいます。
これにより膝のお皿の裏側が傷ついてしまい痛みが出たりします。

このようにならないためには、

1太もも前側の筋肉を柔らかくする
2膝のお皿の動きを良くする

この二つを必ず行うようにしてください。

シップを張っただけではいつまでも改善しませんし悪循環になります。

あなたが膝の痛みで悩んでいるのであれば、ぜひ二つの事をご自分で出来るようにしてみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

パフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら


アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております