- Blog記事一覧 -「なんで上手く走れないのか」がわかった!

「なんで上手く走れないのか」がわかった!

2018.03.16 | Category: パフォーマンスアップ,未分類

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

3月になってからお子さんの走り方の指導を受けたいという方が多くなってきました。
これから春休みになる時期なので、小中学生の走り方の指導を希望される方の参考になればと思います。

走り方の指導をご希望される内容で多いのが

・きれいなフォームで走れるようになりたい
・とにかく速く走れるようになりたい
・うちの子だけ走り方がおかしい
・腕の振り方がおかしい

このような内容が多いです。

走り方の動きを見るときは、横向きと正面向きがあります。

特に走る時の地面を押して前に進むという動作に注目すると、横向きの動作を分析するのがポイントです。

・立っている時の姿勢がどうなのか?
・足を持ち上げた時の姿勢はどうなのか?
・地面を押すことができるのか?

これらのポイントを大まかに見ます。
速く進まない人は、これらが上手にできていません。

ではどうしたらいいのでしょうか?

私が行っている方法は、走り方を変えるとかではありません。
上手くできない原因を考えます。

多くは、体をうまく動かすことができない原因は
動かすことを制限している問題があります。

それが、硬くなっている筋肉や普段の姿勢です。

なので硬くなっている筋肉をストレッチしたり、正しい姿勢を保つ練習をして
地面にうまく力を伝えたり、正しい動作が出来るようにしていきます。

これが出来てからポイントを絞って反復練習をします。

繰り返し繰り返し練習し
上手くできていないところは、もう一歩手前からやり方を簡単にして行っていきます。

これを何度も反復練習します。

脳科学的にお子さんであれば500回ほど反復練習すると新しい動作を覚えていくようです。
そのためにも何度も反復してもらいます。

500回というと1日50回を10日間です。
それくらい繰り返すことで動作を覚えていきます。
できたらまた次のステップに進むという形で速く走れるようになります。

スグに変わる魔法のようなものはありませんが、フォームと体の特徴を分析することで走り方を良い方向に変えることは可能です。

春に運動会があるお子さんは、今から行えば運動会までに走り方がかなり変わると思います。
お子さんの走り方で悩んでいる方は、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

走り方の指導はこちらまで


アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております