- Blog記事一覧 -肩こりを自分で改善するための体操 その2

肩こりを自分で改善するための体操 その2

2018.03.22 | Category: ストレッチ,姿勢,肩こり

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

今回は、前回の続きで自分で肩こりを改善する体操です。

前回は上半身のストレッチをご紹介しました。
なので今回は下半身のアプローチです。

肩こりなのになぜ下半身?と思うかもしれません。
肩こりのほとんどは姿勢からという事もご紹介しました。
その肩こりになりやすい姿勢は、下半身の柔軟性が低下していることが多いです。

特に猫背で骨盤が後ろ側に傾いている姿勢は、太ももの裏側の筋肉が硬くなっています。
なのでこの硬くなった筋肉を伸ばさないと、骨盤を正しい位置に起き上がらせることができなくなります。

そのために必要なのが、下半身のストレッチです。

その1
ふくらはぎストレッチ

膝を伸ばしてふくらはぎをストレッチします。

 

その2
太もも裏側ストレッチ

仰向けで寝てももの裏側を伸ばします。
お尻から太もも裏側にかけてストレッチします。

この2つのストレッチを行うことで後ろに傾いていた骨盤が起き上がりやすくなります。

下半身ストレッチ→骨盤の位置が改善→正しい姿勢→肩こりの改善予防

こんな流れです。

肩こりに悩まれている方は、肩だけでなく下半身のストレッチも取り入れてみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら


アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております