- Blog記事一覧 -脚の太さが気になる女性のあなたへ

脚の太さが気になる女性のあなたへ

2018.03.29 | Category: ダイエット,姿勢

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

今回は、脚の太さと内またの関係についてご紹介します。

本日指導をさせて頂いた女性の方は、姿勢の事と脚の太さが気になるようで骨盤がゆがんでいるのかな?という事で指導を受けられました。

実際に骨盤がゆがんでいるとかいう事ではなく、骨盤が前に傾きやすいことと股関節が内側に捻じれながら立っている姿勢が脚の太さに関係していました。

骨盤のゆがみは以前のブログに記載しましたのでぜひ読んでみてください。

気になされていた脚の太さというのは具体的に太もものことです。

特に太ももの外側がせり出すように発達して盛り上がってしまっている事が気になっておられました。
このように太ももの外側が発達するのは内またで立っている方や膝が内側に入りやすい方に多いです。

普段から内またで立っている方は、お尻の筋肉に力が入りにくい状態です。

歩くときは、お尻の筋肉を使わずに太ももの外側の筋肉を使って前に進みます。
内またで沢山歩けば歩くほど太ももの外側が発達してきます・・・

なのでこの女性の方には、まず正しく立つことと正しく歩く方法を指導させていただきました。

正しい立ち方や歩き方を行うと普段行っていない方法なので、スムーズに行う事はできません。
お尻の力も全然入りませんせんでした・・・

人間はくせのある動作から新しい動作を習得するまでに3000~5000回の反復動作が必要と言われています。
毎日40回くらい反復しても3ヶ月くらいは最低でも必要になります。

これくらい繰り返すことで、普段使いなれていない筋肉に神経の伝達がスムーズになってきます。
そして3ヶ月くらいたつと筋肉の繊維が少し太くなる状態になります。

太ももの太さが気になる方はぜひ、立ち方や歩き方を意識してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちらまで


アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております