- Blog記事一覧 -体幹と姿勢と走り方の関係

体幹と姿勢と走り方の関係

2018.10.31 | Category: パフォーマンスアップ,体幹トレーニング,外部指導

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

昨日は、スワンプロジェクトのメディカルチェックの日でした。
毎年、春と秋にメディカツチェックと体力テストを行っています。

メディカルチェックは体力テストだけでは評価することができない、姿勢や体幹のバランス柔軟性の左右差などをチェックします。

私の方では、体幹の前後の筋肉のバランスをチェックさせて頂きました。

写真は簡単なバージョンですが、評価では手とつま先を床につけた状態で行いました。

普段から猫背気味の姿勢になっている人は、手と足が上に上がらない事が多いです。
お腹の筋肉が弱くなっている人も、支えることができないので手と足が上がりにくいです。

このような人は、立っている時に猫背になったり、お腹の力が抜けた反り腰姿勢になりやすいです。

さらにこのような姿勢や体幹の筋力が不足ている状態で走るとフォームが良くありません。
走るフォームが良くないのでスピードも出にくくなります。

昨日は、メディカルチェックで全員の体幹のバランスを見た後に、全員の走り方を見たので
姿勢→体幹→走り方のつながりを改めて実感することができました。

スポーツのパフォーマンスを高めるためにも普段の立ち姿勢を心掛けてもらいたいなと思いました。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合ったマンツーマンのパーソナルトレーニング指導はこちらまで


アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております