- Blog記事一覧 -長野市 寝る時に靴下を履かなくてもよくなった女性

長野市 寝る時に靴下を履かなくてもよくなった女性

2019.02.17 | Category: ストレッチ,体幹トレーニング,姿勢

パーソナルトレーナーの栗林です。

今回は、冬場の就寝時の靴下がいらなくなった50代女性のお話です。

冷え性で靴下が手離せない女性の方の方は参考にして下さい。

靴下を履かなくても大丈夫

冷え性の原因

冷え性の原因として一番は血行不良です。

血液の循環が良くないことが原因です。

心臓から全身に血液を送る

血液が心臓から血管を通って全身に送られます。

生きている人間は体温が一定に保たれているのは、心臓が常に血液を全身に送っているからです。

ちなみに人間は心臓が止まると身体が冷たくなります。

それだけ、心臓が常に動いて血液を循環しているという事は体温を保つために大切なことです。

血液は筋肉に送られる

ふくらはぎの筋肉

血液は心臓から筋肉に送られます。もちろん筋肉以外の内臓などの臓器にも送られます。

なぜ筋肉に血液が送られるかというと、筋肉を動かすために血液が必要だからです。

筋肉がある人は筋肉が少ない人よりも血流が多いので、冷え性にはなりにくいです。

男性よりも女性に冷え性が多いのは、女性の方が男性に比べて筋肉の量が少ないからです。

血管の通り道

姿勢と冷え性

身体の中には、大きな血管が通っている場所があります。

脇の下と鼠径部です。

いわゆる腕と足の付け根の部分です。この部分の筋肉が固くなると血液の通り道を狭くしてしまうので、手先や足先の血流が滞ってしまいます。

筋肉があっても姿勢が悪いと冷え性にもなってしまいます。

冷え性に必要な運動

冷え性を改善していくために必要な運動は?

①血液の通り道を広げるストレッチ

ストレッチで固くなった筋肉を緩めていきます。

股関節前側のストレッチ

鼠径部を緩めるためのストレッチで、足の先まで血液が通うようにする。

②筋肉を増やす筋力トレーニング

下半身の筋力トレーニング

スクワットで下半身の筋力を使ったり、筋肉を増えるようにしていきます。

上半身は、背中の筋力トレーニングなどで筋肉を使っていきます。

③有酸素運動で心肺機能を高める

ウォーキング

ウォーキングなどの有酸素運動を継続することで毛細血管を発達させて身体の隅々まで血液が通うようにしていきます。

この女性の方も、ストレッチ、筋力トレーニング、有酸素運動を半年間継続することで血流が良くなり、冬場の就寝時の靴下がいらなくなりました。

同じように、冬場の冷え性にお困りの女性の方は参考にしてみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体にあったマンツーマンのトレーニング指導はこちらまで

http://nagano-etude.com

アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております