- Blog記事一覧 -正しく歩く走るには足首をチェック

正しく歩く走るには足首をチェック

2017.12.08 | Category: パフォーマンスアップ

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林太一です。

今回はバランスよく歩く、走るための足首の事をご紹介します。

本日、指導をさせて頂いた女性の方は、今まで何度も捻挫を繰り返していました。
最近は捻挫の足首の痛みよりも痛めた足首側の膝に痛みが出るようになりました。

歩く動作を見ると、痛めている左足は膝が内側に入りやすく踏ん張りがききにくい状態でした。
床をける動作も痛めている左足つま先が外側を向くように地面をけってしまいます。右足はまっすぐに地面をけることが出ています。

足首の柔軟性をチェックさせていただくと、足首は両足ともに同じように曲がる状態でした。
でも、足首を伸ばす動作を行うと左足だけしっかりと伸びない状態でした。

特に左足首の脛の前側から親指側にかけての筋肉が硬くなっており脛から足の甲にかけてまっすぐに伸びない状態でした。
このために地面をける動作も左足首をしっかりと伸ばすことができずに親指で地面を押すことができていません。

1足首が伸びきらない
2親指で地面を押すことができない
3つま先が外側を向いて歩く
4膝が内側に入りながら歩く
5膝が痛くなってきた

このような形で左右均等に歩くことができず膝まで痛みが出ていました。

この女性だけでなく、どちらかの足首を捻挫したり、靭帯が損傷、断裂、足首の骨折などで一定の期間足首を固定している人は同じようになりやすいです。

骨折後のギブスを外した後に走り方のバランスがおかしくなってしまった中学生の男の子も同じように片側の足首が伸びきらなくなっていました。

このような人に対して行って頂く運動は?
硬くなっている足首の前側部分(脛から足の甲)にかけて筋肉をさすってほぐしてあげます。
次に足首がしっかりと伸びるように正座をしてもらいます。
正座の時点で足首の前側が痛いようであれば、足首がしっかりと伸びきっていない状態です。
お風呂の中でもいいのでしっかりと伸びるようにしてみてください。

これが出来たら足首を曲げ伸ばしする動作と足の指を開いたり閉じたりする動作を行っていきます。
これを左右の足で歩くように交互に行います。
指導をさせて頂く方のほとんどが最初はうまくできません。

でも何度も練習をすると出来るようになります。

指導をさせて頂いた女性の方も運動を行った後は、歩くときの足首の違和感が解消されました。
足首が伸びるようになったので、歩くときの膝の痛みもだいぶ楽になりました。

同じように、捻挫を繰り返している方や歩き方走り方のバランスがおかしいなと思う方は足首がしっかりと伸びているか確認してみてください。

分かりやすいのは、正座をしてみて左右の差をチェックすると良いと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちらまで

冬限定スポーツキッズのパフォーマンスアップはこちら


アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております