- Blog記事一覧 -腰痛と姿勢の関係 その2

腰痛と姿勢の関係 その2

2017.12.11 | Category: 腰痛

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。

以前、腰痛と姿勢の関係で横からみた姿勢の事をご紹介しました。

???

今回は、正面や後面から見た姿勢と腰痛について説明いたします。

この写真は同じ方の半年前と半年後の姿勢です。

半年前の左側の写真は身体が左側に傾いてお尻が右側に出やすくなっています。
この時は左右の筋肉のバランスが悪くて腰痛もありましたし、膝の痛みもありました。
左右のバランスが悪いのでズボンをはくときにバランスがとりにくくて困っていたそうです。

このように正面や後面から見た姿勢では、左右の筋肉のバランスを確認することができます。
体の左側の筋肉が硬くなれば、左側に傾きやすいです。右側であれば右側に傾きやすいです。

腰痛も筋肉が硬くなっている部分に出やすくなります。
この方には、毎日2~3回のストレッチをずっと続けてもらいました。
それが半年後の右側の写真です。

左右均等が完璧になるという事はできませんが、半年前と比べるとだいぶ左右のバランスが良くなってきたのが分かると思います。
特にズボンをはくときにグラグラとバランスを崩すことが多かったのですが、スムーズに履けるようになったそうです。

行って頂いた運動は、いろいろあるのですが一番は傾いた左右のバランスを整えるためのストレッチです。

このように脇腹を伸ばすストレッチをやりにくい側を毎日行って頂きました。

それが、右側の半年後の写真です。

運動の良い所は、自分で改善するために取り組めることです。
そしてそれを毎日継続すると体が変わります。
そして、姿勢が変わった体は長くその姿勢を保持する事が出来ます。
そのためにも運動が必要です。

あなたがもし、腰痛や体の姿勢の事で悩まれているのであればぜひ自分で行う運動に取り組んでみてください。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちらまで


アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております