- Blog記事一覧 -腰痛とコタツの関係

腰痛とコタツの関係

2017.12.12 | Category: 腰痛

長野県長野市でパーソナルトレーナーをしています、パーソナルトレーナーの栗林です。

今回は、コタツと腰痛についてご紹介します。
冬になるとコタツを出すご家庭が多いと思います。

我が家にも11月下旬からコタツが登場しています。

指導させて頂いているお客様さまから、冬はコタツに座っていると腰が痛くなるとお話されることがあります。
私も長く、コタツで座っていると腰が痛くなります。

では、なぜコタツだと腰が痛くなるのでしょうか?
理由は、長く座っているその姿勢が原因です。

コタツに座っているいる姿勢は、多くの人が猫背になりやすいからです。
特に膝を伸ばした長座姿勢で座ると骨盤が後ろに傾いて背中が丸まりやすくなります。
この状態で、前かがみ姿勢でテレビを見ていたりすると、腰の椎間板に圧力が強くかかります。
更に、背中の筋肉が引き伸ばされながら力を発揮しているので腰から首にかけての筋肉が凝ってきます。

もし、このような状態で腰が痛くなってきたら一度仰向けで寝転んでください。
走することで腰の椎間板にかかっている圧が低下するとともに腰の引き伸ばされていた筋肉が本来の長さに戻ります。
それと、長く座っていて腰が痛くなった場合は一度立ち上がったほうが良いです。

コタツに長く座っていないといけない場合は、正座をした方が背筋が伸びやすいので腰は痛くなりにくいです。
でも足はしびれやすいので注意が必要です。

膝が痛い人は正座ができないと思いますので、そのような場合は長座の姿勢やテーブル式の椅子があるコタツなんかの方が体への負担が少ないと思います。

コタツに長く入って座っていると腰痛になる人は、ぜひコタツに入る姿勢や痛くなった時の対処方法を参考にしてみてください。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合ったマンツーマンのプライベートレッスンはこちらまで


アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております