- Blog記事一覧 -出来るようになるには練習するしかない

出来るようになるには練習するしかない

2017.12.23 | Category: パフォーマンスアップ,外部指導

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。

本日は、午前中に長野市のシニア野球チーム「長野北シニア」のトレーニング指導に伺わせて頂きました。

会場は、牟礼西小学校の体育館。
周りはまだまだ雪があります。

12月はこれで3回の指導をさせて頂きました。

伺うたびに毎回、柔軟性のチェックをしています。
毎回少しずつ、立位体前屈で指が床につかない選手が減ってきました。
柔らかくなってきている状態です。

柔軟性が低くても、丁寧に正しくストレッチやエクササイズを行うとその場でも変化が出てきます。
その変化を持続するには、毎日毎日ストレッチという柔軟運動を継続する必要があります。

今まで、小学生・中学生・高校生と冬のシーズンを通してトレーニング指導をさせて頂きましたが、3ヶ月ほどで身体は本当に変わります。(大人もそうです)

正直、成長期の子供たちはトレーニングをしなくても自然と筋力がついてきます。
これは、スポーツを行っていない子供たちはそれでもいいと思います。

でも、何らかのスポーツを一生懸命に行っている、パフォーマンスを上げたいというのであれば積極的に運動をして筋力をつけたり、柔軟性を向上させたりという事はとても大切な事です。

特に、柔軟性を高めるストレッチは軽視しがちですが柔軟性が低い選手が中学や高校で毎日部活動を行うようになると
柔軟性が高い選手に比べて筋肉の疲労が溜まりやすくなります。
それが長く続くと体のバランスが崩れてきてスポーツ障害になり、病院に行かなくてはいけません。

私自身が今の運動を指導するきっかけとなったのは、ケガをすることで好きな部活やスポーツが出来なくなったことです。
周りはみんな部活をやっているのにケガをしていると自分だけできません。
たどり着いたのが、ケガをしない身体づくりです。
それを指導することを仕事にしたいと思い現在に至ります。

また、今回指導をさせて頂いたチームスポーツのように集団での指導をさせて頂くと、同じ年齢で同じ動作や種目でもできる選手もいればできない選手もいます。

運動神経が良いとか、発育発達過程で何かが欠けているとか、筋繊維の質の問題とか、いろいろ理由はあると思います。
でもあきらめないで、できない動作や種目を繰り返し練習してもらいたいと思います。

中学生だと、身長が大きな子もいれば低い子もいます。
いろいろな動作は、身長が低い子が得意だったりするかもしれません。

身長が高い低いはいろいろ理由がありますが、身長が伸びる時期が人それぞれ違います。
小学生で背が高い子は短距離などの走ることが得意かもしれません。
でも中学生くらいになってくると今まで身長が低かった子がどんどん伸びてきて、足の速さも変わったりします。

中学生で身長が高くていろいろな動作が苦手でも高校生になってから、その高い身長に体が慣れてその高い身長を使いこなせるようになるという事もあります。(こうなる前に自分には向いてないと思いあきらめてスポーツを辞めてしまったりする子もいます)

これは、人それぞれです。

なので、同じ動作でも出来る人と出来ない人がいても、ぜひあきらめないで努力する練習することを継続してもらいたいと思います。
世の中には遅咲きのアスリートが沢山います。

そのような選手は必ず努力をしています。

選手の皆さんも、ぜひ毎日コツコツと練習をして春にはよりパフォーマンスの高い体になって野球を楽しんでもらいたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

長野北シニアの詳細はこちら

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら


アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております