- Blog記事一覧 -ぎっくり腰を予防する方法

ぎっくり腰を予防する方法

2017.12.31 | Category: 腰痛

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。
体のパフォーマンスを高める姿勢、肩こりや腰痛に困らない正しい姿勢づくりを指導しています。

今回は、寒い冬に多いぎっくり腰を予防する方法をご紹介いたします。

ぎっくり腰は痛くなると痛くて、すぐに動くことができません。

私も今まで2回なりました。

1度目は、長距離運転の時に後部座席のティッシュBOXをとろうと後ろを向いたとき。

2度目は、腰が痛くて自分で腰をマッサージしすぎたとき。

ぎっくり腰のパターンとして徐々に腰に負担がかかりなるものと急になるものの2つのパターンがあります。

いずれにしても、腰に負担がかかって痛みが出る状態ですのでそうならないようにすることが大切です。
ではどうしたらいいのか?

毎年同じ時期になるとか、忙しくなるとなるなど繰り返す人はそのなりやすいパターンがあります。
なのでそのパターンをぜひ記録して覚えておくのが良いと思います。

多いのが、同じ姿勢を長く続けることで腰の筋肉が引き伸ばされている状態が続きます。
例えばかがんだ姿勢

かがんだ姿勢で長くいると、腰の筋肉が引き伸ばされている状態です。
筋肉が長く引き伸ばされていると、腰の筋肉が力を発揮しにくくなります。(縮みにくくなる)
また、関節がうまくかみ合っていない状態です。

このまま重いものを持ち上げたり、急に体をひねったりなど通常の姿勢の状態で通常の腰の筋肉の状態で何ともない動きでも腰の筋肉を傷めてしまいます。

もしかしたら、筋肉ではなくて腰の背骨の関節がうまくかみ合わなくなってしまっているかもしれません。

また、長い間かがんでいると背骨の間にある椎間板というクッションに圧力が過剰にかかっている状態です。
なので、前かがみ姿勢が多かったり、デスクワークや長距離運転が多い人は椎間板ヘルニアになる可能性が通常の人よりも高いです。

ですので、このようなかがんだ姿勢や同じような姿勢を長く続けないというのがポイントです。

でもコタツなどの床に座ってのかがんだ姿勢やデスクワークなど同じ姿勢を長く続けないといけない人はどうしたらいいのか?

それは、一度立ち上がるか仰向けで寝て伸びている腰の筋肉を通常の長さに戻してあげる事です。
逆に腰の筋肉を縮めるような腰を反る動作を行うという方法でも大丈夫です。

この姿勢も要注意!

このように洗面台で顔を洗うときの前かがみ姿勢も要注意です。

特に寒い冬の朝に洗面台で顔を洗うときの前かがみ姿勢は正しい姿勢をとらないと危険です。
この前かがみ姿勢のまま、くしゃみなんてすると腰に300㎏近い力が働きます。

前かがみ姿勢になる時はこれです。

これはグッドモーニングというエクササイズのフォームです。
背筋は伸ばします。
膝を軽く曲げて、股関節を曲げながらお尻を後ろに引きます。

この姿勢を保ちながら洗顔をすることでぎっくり腰の予防になります。
また、この姿勢の時は、腰の筋肉からお尻ももの裏側と体の裏側の筋肉を使います。

普段からこのようなグッドモーニング姿勢を取り入れる事でぎっくり腰だけでなく腰痛の予防になります。
私も、この姿勢で股関節をしっかりと曲げることを心掛けてヘルニアが改善しました。
(すべり症で腰を反ると痛みが強くなる人は注意してください)

この冬はぎっくり腰にならないようにぜひ、姿勢を注意してみてください。

脱ぎっくり腰

最後まで読んで頂きありがとうございました。
あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら


アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております