- Blog記事一覧 -世界で一番偉大なストレッチ

世界で一番偉大なストレッチ

2018.01.15 | Category: ストレッチ,パフォーマンスアップ,未分類

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。
体のパフォーマンスを高める方法、肩こりや腰痛に困らない正しい姿勢づくりを中心に指導しています。

今回は、ストレッチの事をご紹介します。

現在行っています、冬のパフォーマンスアップ塾

スポーツキッズの体のパフォーマンスを向上させるための指導をマンツーマンで行っています。

このパフォーマンスアップ塾に参加されている方に限らず、私のところに指導を受けに来てくださるスポーツキッズのほとんどがストレッチをしっかりとできていません・・・

「絶対にもっと早くストレッチをやっていれば痛くならなかったのに」とか・・・

ようは、体が硬いという状態です。

なんで体が硬いとダメなのか?

体が硬いという事は筋肉が硬くなっていて伸びたり縮んだりしにくくなっている状態です。
筋肉は骨にくっついています。
筋肉が伸びたり、縮んだりすると骨を引っ張って関節を動かします。

でも筋肉が硬くなると伸びたり、縮んだりの動作が少なくなるので関節を動かしにくくなります。
この状態で、速く走ろうと思っても足が前に出なかったり、疲労が溜まったり、最後にはスポーツ障害でケガにつながりやすくなります。

これが、体が硬いとあまり良くない理由です。

 

これは、パフォーマンスピラミッドという「パフォーマンスの仕組み」を簡単にピラミッドにした図です。

ピラミッドの一番下の部分が土台なので一番上の部分よりも面積が大きいです。
その一番下の部分に入ってくるのが柔軟性・正しい動作です。

これが欠けていると一番上のスポーツの練習を一生懸命に行ってもなぜかうまく出来なかったり、出来ても他の人よりもケガをしやすかったりします。

体のパフォーマンスを高めてスポーツを上手にするためにも柔軟性を高めるストレッチというのはとても大切な事なんです。

スポーツを頑張っているお子さんはぜひ、ストレッチを毎日行いましょう!
どんなストレッチが良いのかは、正直その人の体によって違います。

体の前側が硬い人もいれば後ろ側が硬い人もいます。

いろいろなストレッチで迷ったらこのストレッチを行ってみてください。
前も後ろも両方伸ばす、世界で一番偉大なストレッチです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら


アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております