- Blog記事一覧 - 勉強会の記事一覧

勉強会の記事一覧

NSCAジャパン甲信越ADセミナー

2018.07.17 | Category: 勉強会

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

昨日は、長野市の南長野運動公園総合球技場(Uスタジアム)会議室にてNSCAジャパン主催の運動指導者向けセミナーを開催いたしました。


今回、講師をして頂いた篠田邦彦先生(新潟大学名誉教授、NSCAジャパン理事長)と半田秀一先生(身体教育学研究所)

午前中は篠田先生に「活動の源、下肢筋郡の筋コンディショニングとフィットネスウォーキング」について講習を行って頂きました。

午後は半田先生に「リハビリウォーキング、運動指導の過去と現在そして未来」について講習を行って頂きました。

当日は長野県内だけでなく県外からもご参加いただきました。
ご参加頂いた皆さんありがとうございました。


当日、運営をして頂きましたスタッフの皆さんと講師の先生方

参加者の皆さん、講師の先生方、スタッフの皆さん
この度はありがとうございました。

講習会のご案内は、行うときにお知らせいたします。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

長野上水内保健主事部会 姿勢づくり講演会

2018.07.10 | Category: ストレッチ,勉強会,外部指導,姿勢,未分類

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

昨日は、長野市の柳原公民館にて長野上水内保健主事部会様主催の総会にて「子供の正しい姿勢づくり」について講演をさせて頂きました。

私の場合は、いつも講演というよりも講習会や姿勢づくり教室という感じです・・・
人前で話をすることは得意ではありませんが「姿勢」という分野に関しては、今まで18年間ずーと指導をしてきた経緯もありますので
1日中しゃべる位の講習は出来るくらい話をする内容が沢山あります。

いつも指導をさせて頂いているお客さんの方達に行っている内容です。
学校ごとでの講習をしたりすることが多いのですが、今回は長野市と上水内郡の小学校中学校の保健養護にかかわる先生が参加されるという事で、パワーポイントの資料も沢山用意いたしました。

そんなこともあり、予想通り時間をオーバーしてしまい申し訳ありませんでした。


先生方には、猫背姿勢が肩の機能にどう影響するか体験して頂いたり

 


恒例の壁に立って姿勢をチェックして頂きました。

 


「正しい姿勢」を作るために万能な「正しい背伸び」を一緒に行っている様子です。

ストレッチを中心にご紹介させて頂いた実技ですが、「やれば体が変わる」という事を少しでも感じて頂けたら幸いです。
学校での指導も子供たちが「やれば変わるんだ」という気持ちで取り組んでもらえればうれしいです。


素敵なお花もありがとうございます。
Etudeの玄関に飾ってあります。

時間オーバーで質問も受けられなく申し訳ありませんでした。
ご質問があれば、etude.shisei@gmail.comまでご連絡ください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

姿勢づくり等の講演会や講習会も承っております。
ご希望の方はこちらまで

小学校での正しい姿勢づくり講演会~長野市豊栄小学校~

2018.06.04 | Category: 勉強会,外部指導,姿勢

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

昨日は、長野市松代町の豊栄小学校にて正しい姿勢づくりの講演をさせて頂きました。

前半は、保護者の皆さんと先生方にお話をさせて頂きました。

なんで姿勢が大切なのか?
体に及ぼす影響や姿勢が良くなることのメリットなどをお話させて頂きました。

後半は、小学2年生以上の児童の皆さんも一緒に加わって頂きました。

実際に姿勢が悪い時と正しい姿勢の時の違いを実験してみたり

偏った姿勢の筋肉の状態を説明したり

児童と保護者の皆さんで柔軟性のチェックや姿勢のチェックを行って頂きました。

姿勢の事については、子供たちや保護者の方、先生方にお話したいことが沢山あります。
限られた時間の中なので、行いたい実技や説明したいことなどきりがないのですが、
お話をさせて頂いた中の一つでいいので良い姿勢を保つために毎日コツコツと取り組んで頂きたいと思います。

豊栄小学校の児童の皆さん、保護者の方、先生方、本当にありがとうございました。
素敵なお花もありがとうございます。

エチュードの玄関に飾っております。

学校での姿勢づくりの講習会、講演会も承っております。
ご希望やご相談がありましたら、お気軽にお問合せください。

勉強会

2017.12.21 | Category: 勉強会,日常

長野県長野市でパーソナルトレーング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。
子育ても奮闘中の2児の父親です。

小学生の長男がもう少しでクリスマスだから緊張すると言っていました。
サンタクロースが自分のところに来てくれるか緊張しているようです。

本日は、非常勤で勤務している施設のトレーナーと勉強会を行いました。
毎週テーマを決めて定期的に行っています。


こんなイメージでみんな一生懸命に勉強しています。

今回は、エアロバイクで行う体力テストでなぜ体力が評価できるのか?
そのメカニズムは?です。

各トレーナーが勉強したことをプレゼンしてしていただきました。

内容を少しわかりやすくシェアすると、

エアロバイクで体力テストを行うと各メーカーによって違いはありますが、最大酸素摂取量という数値が表示されます。
VO2MAX(ml/分/kg)

これは単純にいうと、体重1㎏あたりに1分間にどれだけ酸素を取り込めるか?という事です。
なぜこれが体力の指標になるかというと、体力があるという事は運動を継続できるという事です。

運動を継続するには、糖質・脂質・酸素が必要になります。
これらを使うことで筋肉を動かし続ける事が出来るので、糖質・脂質・酸素が必要です。

ポイントは、糖質と脂質は体の中に蓄えられています。
筋肉や肝臓にグリコーゲンとして糖質を蓄えています。
体脂肪として内臓脂肪や皮下脂肪として脂質を蓄えています。

でも酸素は蓄えてはいません。
酸素は呼吸で取り込むしかないのです。

なので酸素をどれだけ体に取り込めるか?という事が体力レベルが高いという目安になります。

酸素をうまく取り込めないと、糖質や脂質がエネルギーとしてうまく使うことができなくなります。
なので酸素をうまく取り込む能力が体力と関係してきます。

また、運動をするとハーハーと呼吸が上がります。
運動をすることで筋肉を動かしますので、筋肉を動かし続けるために呼吸を活発にして酸素を沢山取り込めるようにするためです。

そして、取り込んだ酸素は、肺の中で血液中のヘモグロビンと結びついて必要な全身の筋肉に運ばれます。
血液で運ばれるので、心臓のポンプがしっかりと作用していないと全身に運ぶことができません。

ハーハーと呼吸をするようになると、心臓はドキドキが強くなります。

なので呼吸が上がることと心臓のドキドキする心拍数が上がることは大体同じように変化していきます。

その変化をエアロバイクの体力テストでは心拍数を確認しながら計算式に当てはめて、推測の最大酸素摂取量の数字を出しています。

このような事を再度、勉強すると呼吸するという事は当たり前ですがとても大切な事です。
また姿勢が悪い人は、呼吸が浅くなったりしっかりと酸素を取り込むことができなくなってしまいます。

体力をもっと高めたい、疲れにくい体にしたいと思っている方は、ご自分の姿勢と呼吸を見直してみると良いと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導ははこちらまで

冬の間にパフォーマンスアップする方法はこちら

アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております