- Blog記事一覧 - 外部指導の記事一覧

外部指導の記事一覧

小学に質問しました、腹筋背筋の役割とは? 

2018.02.21 | Category: パフォーマンスアップ,体幹トレーニング,外部指導

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの17年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

昨日は、スワンプロジェクトのフィジカルトレーニング指導で長野市のホワイトリングに行きました。
シーズン中という事もあり、参加者が少なかったですがフィジカルトレーニング+体のケアを中心に指導をさせて頂きました。

担当する小学5・6年生に「腹筋や背筋の運動は何で必要なの?」と質問しました。

「筋肉が必要だから」
「バランスをとるため」
・・・

私も小学生の時に質問されても全くわからなかったと思います。
小学校~高校生まで腹筋背筋運動はやっていましたが、そんなことは考えたことがありませんでしたし教えてもらったこともありませんでした。

ちなみに、私が出たスポーツの専門学校でも当時は具体的に教えてもらった事はありませんでした。
単純に腹筋や背筋をきたえるエクササイズの種目を教えてもらったという感じです。

では腹筋や背筋の運動はなぜ必要なのか?

写真のように体の中心の胴体の部分を体幹といいます。

この体幹の部分を強化することのエクササイズとして腹筋や背筋の運動があります。

なのでこの体幹の機能を理解することでなぜ腹筋背筋が大切なのかが分かります。
体幹は大きく分けると2つの役割があります。

・固定する役割
・スムーズに動く役割

今回は、強化するという意味で固定する役割についてご紹介します。

体幹の部分がうまく固定されていると腕や脚などの胴体以外の部分がスムーズに動きます。


走るという動作は、胴体がしっかりと固定されていることで手や足が速く動くことができます。

この固定する力を強化するために腹筋や背筋の運動が必要になります。

ウィンタースポーツのシーズン中も雪上や氷上などでの練習がメインになると思いますが、その練習をスムーズにするためにも腹筋背筋の体幹トレーニングをぜひ1週間のうちに何日かは行えるといいと思います。

もちろん毎日でも大丈夫です。

ぜひ頑張ってもらいたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

パフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら

効率良く走るには着地がポイント

2018.01.24 | Category: パフォーマンスアップ,外部指導

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。
体のパフォーマンスを高める方法、肩こりや腰痛に困らない正しい姿勢づくりを中心に指導しています。

昨日は、スワンプロジェクトのフィジカルトレーニング指導で長野市のホワイトリングに行きました。

毎年、冬のインシーズンになると参加者が少なくなりますが
昨日は、来年度からの9期生も加わり20名弱の参加者でした。

全員で10分間のジョギングを各自のペースで行いました。
皆それぞれのペースで走りますが、走るという動作がスムーズな子とぎこちない子の違いは着地する時の姿勢です。

特に足をつく動作の時に膝が沢山曲がってしまうのか?
あまり曲がらないのか?

着地時の膝の曲がる角度が大きいと衝撃を吸収することができますが、その分の筋力を余計に使います。
衝撃を吸収しすぎてしまうと、次の地面をけるという動作に時間がかかるので走る時の効率は下がります。

逆に着地時の膝が曲がりすぎないと、地面からの衝撃は大きいですがその分の地面からの反発力があるので着地した後に足が上に上がりやすくなります。

効率的にスムーズに走れている子は、着地した時に膝が大きく曲がりません。地面からの反発力を効率良く使えるのでどんどん前に進みます。

走るのが苦手な子は、着地時の膝に注目してみると良いと思います。
トレーニングとしては、つま先立ちで膝を伸ばしたまま歩く練習などをすると感覚が少しずつ分かるようになります。
毎日、コツコツ練習をしてもらいたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら

出来るようになるには練習するしかない

2017.12.23 | Category: パフォーマンスアップ,外部指導

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。

本日は、午前中に長野市のシニア野球チーム「長野北シニア」のトレーニング指導に伺わせて頂きました。

会場は、牟礼西小学校の体育館。
周りはまだまだ雪があります。

12月はこれで3回の指導をさせて頂きました。

伺うたびに毎回、柔軟性のチェックをしています。
毎回少しずつ、立位体前屈で指が床につかない選手が減ってきました。
柔らかくなってきている状態です。

柔軟性が低くても、丁寧に正しくストレッチやエクササイズを行うとその場でも変化が出てきます。
その変化を持続するには、毎日毎日ストレッチという柔軟運動を継続する必要があります。

今まで、小学生・中学生・高校生と冬のシーズンを通してトレーニング指導をさせて頂きましたが、3ヶ月ほどで身体は本当に変わります。(大人もそうです)

正直、成長期の子供たちはトレーニングをしなくても自然と筋力がついてきます。
これは、スポーツを行っていない子供たちはそれでもいいと思います。

でも、何らかのスポーツを一生懸命に行っている、パフォーマンスを上げたいというのであれば積極的に運動をして筋力をつけたり、柔軟性を向上させたりという事はとても大切な事です。

特に、柔軟性を高めるストレッチは軽視しがちですが柔軟性が低い選手が中学や高校で毎日部活動を行うようになると
柔軟性が高い選手に比べて筋肉の疲労が溜まりやすくなります。
それが長く続くと体のバランスが崩れてきてスポーツ障害になり、病院に行かなくてはいけません。

私自身が今の運動を指導するきっかけとなったのは、ケガをすることで好きな部活やスポーツが出来なくなったことです。
周りはみんな部活をやっているのにケガをしていると自分だけできません。
たどり着いたのが、ケガをしない身体づくりです。
それを指導することを仕事にしたいと思い現在に至ります。

また、今回指導をさせて頂いたチームスポーツのように集団での指導をさせて頂くと、同じ年齢で同じ動作や種目でもできる選手もいればできない選手もいます。

運動神経が良いとか、発育発達過程で何かが欠けているとか、筋繊維の質の問題とか、いろいろ理由はあると思います。
でもあきらめないで、できない動作や種目を繰り返し練習してもらいたいと思います。

中学生だと、身長が大きな子もいれば低い子もいます。
いろいろな動作は、身長が低い子が得意だったりするかもしれません。

身長が高い低いはいろいろ理由がありますが、身長が伸びる時期が人それぞれ違います。
小学生で背が高い子は短距離などの走ることが得意かもしれません。
でも中学生くらいになってくると今まで身長が低かった子がどんどん伸びてきて、足の速さも変わったりします。

中学生で身長が高くていろいろな動作が苦手でも高校生になってから、その高い身長に体が慣れてその高い身長を使いこなせるようになるという事もあります。(こうなる前に自分には向いてないと思いあきらめてスポーツを辞めてしまったりする子もいます)

これは、人それぞれです。

なので、同じ動作でも出来る人と出来ない人がいても、ぜひあきらめないで努力する練習することを継続してもらいたいと思います。
世の中には遅咲きのアスリートが沢山います。

そのような選手は必ず努力をしています。

選手の皆さんも、ぜひ毎日コツコツと練習をして春にはよりパフォーマンスの高い体になって野球を楽しんでもらいたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

長野北シニアの詳細はこちら

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら

スワンプロジェクト

2017.12.20 | Category: パフォーマンスアップ,外部指導

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。

昨日は、スワンプロジェクトのフィジカルトレーニング指導で長野市のホワイトリングに行きました。

毎回、受講生に体の事についてレクチャーして頂く関コーチからは「痛くなった時の対処方法」を紹介して頂きました。

12月のウィンタースポーツがシーズンインしてからは、通常のフィジカルトレーニングよりも体のバランスを整えたりケアをする時間を多くするようになっています。

テニスボールで硬くなりやすい筋肉をマッサージしたり

フォームローラーで大きな筋肉をマッサージ

フォームローラーに仰向けに寝て姿勢を整える

これらの内容をグループに分かれて実施しました。

受講生には自宅でも復讐をしながら行えるように、実施した内容をまとめたものを事務局から配布して頂きました。

これからのシーズンは、雪上や氷上など練習、大会が多くなります。
体のケアをしっかりと行いながら、体調を整えて臨んで頂きたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合った運動をプライベート空間でマンツーマン指導はこちらまで

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちらまで

速く走るには正しい姿勢から

2017.12.17 | Category: パフォーマンスアップ,外部指導

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。

昨日は、長野市のシニア野球チームのトレーンング指導をさせて頂きました。
前回は、自分たちの体の状態を理解してもらうために姿勢や柔軟性、筋力などを測定しました。

今回は、前回からの課題である柔軟性をチェックしてから股関節周りの硬くなっている筋肉のストレッチを行いました。

チームからは、速く走れるようにという要望もありましたので、速く走るためのメニューを前半に行いました。

速く走るためには、正し姿勢が必要になります。
そのために、壁に立って正しい姿勢を保持できるようにしてもらいます。

正しい姿勢を保持しながら、腕を大きく動かす運動

腕を大きく動かすと体幹がぶれやすくなります。
しかし、腕を動かしたり脚を動かすには体幹の筋力がしっかりとしていることが大切です。

足のつき方もとても大切です。
足は地面についている唯一の部分です。その足動きを出すためにテニスボールで足の裏をマッサージします。
足の裏の筋肉が柔らかくなると足の指が動きやすくなります。

次に足のつき方を練習します。
・踵
・外側
・小指から親指まで順番に着く
・反対の足も同様に

普段は意識したことがない足のつき方なので最初はスムーズにできません。
毎日毎日練習するとスムーズにできるようになります。

正しく歩くことができたら、走りのドリルを順番に行いました。

普段行ったことがない動作はとても難しいですが、繰り返し繰り返し行うことで体が覚えていきます。
新しい動作を覚えるには300~500回の繰り返しが必要と言われています。

これが大人だと桁が一つ上がります。
子供のうちの方がいろいろと習得しやすいのでどんどん練習して自分のものにして頂きたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体にあったマンツーマンのトレーニング指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップする方法はこちら

アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております