- Blog記事一覧 - 未分類の記事一覧

未分類の記事一覧

7月16日指導者セミナー

2018.05.22 | Category: お知らせ,未分類

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

7月16日にNSCAジャパン主催の運動指導者向けセミナーを長野市で開催いたします。

午前中は篠田邦彦先生(NSCAジャパン理事長)
近年注目されているフレイル問題について下肢の筋コンディショニングとフィットネスウォーキングをテーマに講義と実技を行って頂きます。

午後は半田秀一先生(身体教育学研究所)
リハビリウォーキングについて、長年運動指導を行われている経験から様々な方に対するウォーキングの指導と歩行動作の評価方法などを講義と実技を踏まえてご紹介して頂きます。

運動指導者、トレーナー向けの内容になります。
今回はNSCA以外の健康運動指導士、健康運動実践指導者の更新単位も認定される講習会になります。

会場は南長野運動公園総合球技場会議室です。

お申し込みはNSCAジャパンのホームページからお申込みください。

楽にしゃがめるようになった

2018.04.18 | Category: 日常,未分類,膝の痛み

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

本日指導をさせて頂いた70代の女性の方は、しゃがむときに左の膝だけ痛みがありました。

もともと体力をつけたい、いつまでも自分の足で歩けるようにしたいという事で半年前から指導を受けに来て頂いております。
今では、毎日ご主人と一緒に足のストレッチとスクワットを日課に出来るようになりました。

スクワットは出来るのですが、スクワットよりも深く下までしゃがんだ時に左の膝が痛くなり立ち上がる時に力が入りにくいという事でした。

行って頂きたい方法は沢山あったのですが、家でも出来る簡単な方法をご紹介したところ、しゃがんだ時の膝の痛みがとても楽になられたそうです。

指導をさせて頂いた内容は、膝のお皿のマッサージです。

膝のお皿を上下の方向に50回くらい優しく動かします。
太ももに力が入っているとお皿が動かないので力を抜いて行います。
力が抜けない方は、膝の下に枕などを置いて少し膝が曲がった状態で行うと楽に動きます。

上下に動かしたら左右にも動かしてあげます。

ポイントは優しく最初は小さな動きで行います。

膝のお皿は滑車の役目を果たしています。
膝のお皿が動かなくなると滑車がうまく動かないのでしゃがみにくくなったり、しゃがんでから立つ動作もスムーズにできなくなります。

加齢とともにこの膝のお皿は動きにくくなりますので、ぜひ膝の動きを良くしたい方はお皿のマッサージを優しく行ってみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちらまで

もんでも変わらない肩こり

2018.03.18 | Category: 姿勢,未分類,肩こり

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

今回は、肩こりの事についてご紹介させて頂きます。

先日は、肩が凝って困るという女性の方が指導を受けに来られました。

肩こりの原因は人により様々です。

・心臓に問題があって肩が凝ったり
・歯のかみ合わせが問題だったり
・ストレスによるもの
・姿勢によるもの

今まで18年間、運動指導の仕事をさせて頂く中で特に多いのが姿勢によるものです。
もちろん、姿勢だけでなく他の要素と合併している場合もあります。

指導をさせて頂いた女性のお客様は、肩こりが慢性化していて辛い時は頭痛や吐き気まであるそうです。
肩が凝るたびに、定期的に整体やマッサージでほぐしてもらっていました。

その場ではとても楽になるけど、翌日には再び肩こりが・・・・という繰り返しだったそうです。

ご自分でいろいろ調べて最終的にはやっぱり姿勢が悪いことやそれを改善するための体づくりをしたいという事で指導を受けに来られました。

この女性のお客様のように方が凝りやすい方に多い姿勢は

・猫背姿勢
・頭の位置が前の方にある
・肩や腕が前の方にある

このような姿勢だとなぜ方が凝りやすいか?

1頭の位置が前の方に移動している
2頭が落ちないように首や背中の筋肉が一生懸命に力を発揮している
3常に力を発揮しているので筋肉が疲労する、血流が滞り凝ってしまう

このようなメカニズムです。

多くの方は3にのみアプローチします。
肩が凝るからマッサージをしたり温めたりすると滞っていた血流が改善するので楽になります。

でも、1に対して何も行わないのでいつまでも変わらないです。

姿勢が悪い方は、1を改善することで肩回りの筋肉が柔らかくなりゆるみます。

あとはこの状態を継続するだけです。
そのために必要なのが必ず運動になります。

この女性の方も自分の姿勢を見直すことで肩こりが緩和することに納得されていました。

あなたがいつまでも肩こりに悩まれているのであれば1を改善し保持するための運動を取り入れてみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

「なんで上手く走れないのか」がわかった!

2018.03.16 | Category: パフォーマンスアップ,未分類

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

3月になってからお子さんの走り方の指導を受けたいという方が多くなってきました。
これから春休みになる時期なので、小中学生の走り方の指導を希望される方の参考になればと思います。

走り方の指導をご希望される内容で多いのが

・きれいなフォームで走れるようになりたい
・とにかく速く走れるようになりたい
・うちの子だけ走り方がおかしい
・腕の振り方がおかしい

このような内容が多いです。

走り方の動きを見るときは、横向きと正面向きがあります。

特に走る時の地面を押して前に進むという動作に注目すると、横向きの動作を分析するのがポイントです。

・立っている時の姿勢がどうなのか?
・足を持ち上げた時の姿勢はどうなのか?
・地面を押すことができるのか?

これらのポイントを大まかに見ます。
速く進まない人は、これらが上手にできていません。

ではどうしたらいいのでしょうか?

私が行っている方法は、走り方を変えるとかではありません。
上手くできない原因を考えます。

多くは、体をうまく動かすことができない原因は
動かすことを制限している問題があります。

それが、硬くなっている筋肉や普段の姿勢です。

なので硬くなっている筋肉をストレッチしたり、正しい姿勢を保つ練習をして
地面にうまく力を伝えたり、正しい動作が出来るようにしていきます。

これが出来てからポイントを絞って反復練習をします。

繰り返し繰り返し練習し
上手くできていないところは、もう一歩手前からやり方を簡単にして行っていきます。

これを何度も反復練習します。

脳科学的にお子さんであれば500回ほど反復練習すると新しい動作を覚えていくようです。
そのためにも何度も反復してもらいます。

500回というと1日50回を10日間です。
それくらい繰り返すことで動作を覚えていきます。
できたらまた次のステップに進むという形で速く走れるようになります。

スグに変わる魔法のようなものはありませんが、フォームと体の特徴を分析することで走り方を良い方向に変えることは可能です。

春に運動会があるお子さんは、今から行えば運動会までに走り方がかなり変わると思います。
お子さんの走り方で悩んでいる方は、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

走り方の指導はこちらまで

お腹とお尻の関係

2018.02.07 | Category: ストレッチ,姿勢,未分類,腰痛

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。
体のパフォーマンスを高める方法、肩こりや腰痛に困らない正しい姿勢づくりを中心に指導しています。

今回は、お腹とお尻の関係についてご紹介します。

当施設には、姿勢を良くしたいので個別に運動指導をしてくれるパーソナルトレーニングを希望されてお越しになる方が多いです。

姿勢を良くするには、運動でなくても整体やカイロプラクティックなどの骨の調整をしてくれるところもあります。
でも私のところにお越しになる方は、自分で運動して自分で改善していくという事を望まれてくる方が多いです。

そんな姿勢の改善を指導させていただく中で多いのが、

お腹やお尻に力が入らない方です。
特に腰が反りやすくなっているとお腹やお尻に力が入りにくくなってしまいます。

お腹とお尻に力が入らない人の多くは、腰が反りやすくなっています。
腰が反るという事は、腰痛にもなりやすくなります。

なぜお腹とお尻に力が入りにくいのか?

それは、腰を反って骨盤が前に傾く状態を作ってしまうのでそうなるとお腹もお尻も力が入りません。

自分の体でちょっと実験してみましょう!

A 腰を反った姿勢で一生懸命にお尻とお腹に力を入れてみます。
→おそらく力が入りにくいですし、お尻やお腹が硬くならないです。

B 背中を丸めて猫背姿勢にして一生懸命にお尻とお腹に力をいれます。
→きっとAよりも力が入りやすいです。
そもそも猫背姿勢にしたときにお腹やお尻に力を入れるようにすると猫背姿勢が完成します!

なので、お腹とお尻に力が入りにくい人は反り腰を作っている姿勢自体を自分で改善していかないといけません。

では、どうしたらいいのか?

反り腰を作っている硬くなった筋肉を緩める必要があります。
特に股関節の前側の筋肉や太もも前側の筋肉が硬くなっている人が多いです。

この硬くなっている筋肉をストレッチすることが必要になります。

股関節前側のストレッチ

太もも前側のストレッチ

このような形でストレッチをいたします。
もしこのようなストレッチをしても股関節前側や太もも前側の筋肉がつっぱる感じが出ないようでしたら、お腹の力が抜けている可能性があります。

お腹を凹ませるようにすると正しく伸びるようになります。

お尻やお腹に力が入りにい方、特に女性の方で反り腰に悩まれている方はぜひ参考にしてみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら

アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております