- Blog記事一覧 - 未分類の記事一覧

未分類の記事一覧

お腹とお尻の関係

2018.02.07 | Category: ストレッチ,姿勢,未分類,腰痛

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。
体のパフォーマンスを高める方法、肩こりや腰痛に困らない正しい姿勢づくりを中心に指導しています。

今回は、お腹とお尻の関係についてご紹介します。

当施設には、姿勢を良くしたいので個別に運動指導をしてくれるパーソナルトレーニングを希望されてお越しになる方が多いです。

姿勢を良くするには、運動でなくても整体やカイロプラクティックなどの骨の調整をしてくれるところもあります。
でも私のところにお越しになる方は、自分で運動して自分で改善していくという事を望まれてくる方が多いです。

そんな姿勢の改善を指導させていただく中で多いのが、

お腹やお尻に力が入らない方です。
特に腰が反りやすくなっているとお腹やお尻に力が入りにくくなってしまいます。

お腹とお尻に力が入らない人の多くは、腰が反りやすくなっています。
腰が反るという事は、腰痛にもなりやすくなります。

なぜお腹とお尻に力が入りにくいのか?

それは、腰を反って骨盤が前に傾く状態を作ってしまうのでそうなるとお腹もお尻も力が入りません。

自分の体でちょっと実験してみましょう!

A 腰を反った姿勢で一生懸命にお尻とお腹に力を入れてみます。
→おそらく力が入りにくいですし、お尻やお腹が硬くならないです。

B 背中を丸めて猫背姿勢にして一生懸命にお尻とお腹に力をいれます。
→きっとAよりも力が入りやすいです。
そもそも猫背姿勢にしたときにお腹やお尻に力を入れるようにすると猫背姿勢が完成します!

なので、お腹とお尻に力が入りにくい人は反り腰を作っている姿勢自体を自分で改善していかないといけません。

では、どうしたらいいのか?

反り腰を作っている硬くなった筋肉を緩める必要があります。
特に股関節の前側の筋肉や太もも前側の筋肉が硬くなっている人が多いです。

この硬くなっている筋肉をストレッチすることが必要になります。

股関節前側のストレッチ

太もも前側のストレッチ

このような形でストレッチをいたします。
もしこのようなストレッチをしても股関節前側や太もも前側の筋肉がつっぱる感じが出ないようでしたら、お腹の力が抜けている可能性があります。

お腹を凹ませるようにすると正しく伸びるようになります。

お尻やお腹に力が入りにい方、特に女性の方で反り腰に悩まれている方はぜひ参考にしてみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら

基本は正しい姿勢から

2018.01.17 | Category: パフォーマンスアップ,姿勢,未分類

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。
体のパフォーマンスを高める方法、肩こりや腰痛に困らない正しい姿勢づくりを中心に指導しています。

今回は、正しい姿勢かチェックする方法をご紹介します。

姿勢は、スポーツのパフォーマンスアップだけでなく、肩こりや腰痛を予防改善していくにもとても大切な事です。

全ての人のパフォーマンスアップに欠かせないがの正しい姿勢です。
その正しい姿勢を自分で確認する方法をご紹介します。

写真のように壁に踵・ふくらはぎ・お尻・背中・頭をつけて立ちます。
腕は、身体の横に。

この姿勢が横から見た正しい姿勢です。
この姿勢でどこにも違和感なく立っていることができる人は比較的姿勢は良い状態だと思います。

普段から猫背姿勢になっていたりするとこの壁に立つ姿勢が大変に感じます。
また、反り腰が強かったりすると壁に立った時に壁と腰との間が大きく空いてしまいます。

壁に立った時に、腰と壁との間は手のひら1枚くらい
壁と首の間は手のひら2枚くらいが目安です。

これ以上壁との隙間が大きくなるのは隙間が空きすぎです。

このチェック方法は、ご自分で出来る方法なので指導させて頂いているお客さんにも行って頂いています。
すごくわかりやすい方法なので、姿勢が気になる人はこのチェック方法を使ってみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら

世界で一番偉大なストレッチ

2018.01.15 | Category: ストレッチ,パフォーマンスアップ,未分類

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。
体のパフォーマンスを高める方法、肩こりや腰痛に困らない正しい姿勢づくりを中心に指導しています。

今回は、ストレッチの事をご紹介します。

現在行っています、冬のパフォーマンスアップ塾

スポーツキッズの体のパフォーマンスを向上させるための指導をマンツーマンで行っています。

このパフォーマンスアップ塾に参加されている方に限らず、私のところに指導を受けに来てくださるスポーツキッズのほとんどがストレッチをしっかりとできていません・・・

「絶対にもっと早くストレッチをやっていれば痛くならなかったのに」とか・・・

ようは、体が硬いという状態です。

なんで体が硬いとダメなのか?

体が硬いという事は筋肉が硬くなっていて伸びたり縮んだりしにくくなっている状態です。
筋肉は骨にくっついています。
筋肉が伸びたり、縮んだりすると骨を引っ張って関節を動かします。

でも筋肉が硬くなると伸びたり、縮んだりの動作が少なくなるので関節を動かしにくくなります。
この状態で、速く走ろうと思っても足が前に出なかったり、疲労が溜まったり、最後にはスポーツ障害でケガにつながりやすくなります。

これが、体が硬いとあまり良くない理由です。

 

これは、パフォーマンスピラミッドという「パフォーマンスの仕組み」を簡単にピラミッドにした図です。

ピラミッドの一番下の部分が土台なので一番上の部分よりも面積が大きいです。
その一番下の部分に入ってくるのが柔軟性・正しい動作です。

これが欠けていると一番上のスポーツの練習を一生懸命に行ってもなぜかうまく出来なかったり、出来ても他の人よりもケガをしやすかったりします。

体のパフォーマンスを高めてスポーツを上手にするためにも柔軟性を高めるストレッチというのはとても大切な事なんです。

スポーツを頑張っているお子さんはぜひ、ストレッチを毎日行いましょう!
どんなストレッチが良いのかは、正直その人の体によって違います。

体の前側が硬い人もいれば後ろ側が硬い人もいます。

いろいろなストレッチで迷ったらこのストレッチを行ってみてください。
前も後ろも両方伸ばす、世界で一番偉大なストレッチです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら

腰を反ると痛い腰痛に効果的な運動 その1

2018.01.05 | Category: ストレッチ,未分類,腰痛

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。
体のパフォーマンスを高める方法、肩こりや腰痛に困らない正しい姿勢づくりを中心に指導しています。

今回は、腰を反ると痛くなる腰痛に対する運動をご紹介します。

腰痛が出やすい症状で多いのが腰を反るという動作です。
腰を捻じりながら反るという動作はもっと腰痛の症状が出やすいと言われていますが、今回は腰を反るという動作について説明いたします。

腰を反る動作で腰痛が出る人は、
・腰椎分離症
・腰椎すべり症
・腰部脊柱管狭窄症
これらの病名がついている人は腰を反ると腰痛が出やすいです。

体の特徴として、腰が反っているという事があります。

腰が反っている状態は、腰を反らせている筋肉があるという事です。

この腰を反らせている筋肉は、
・腰から太ももの骨についている腸腰筋という股関節の前側の筋肉
・骨盤からすねの骨についている太もも前側の筋肉
・腰の筋肉

これらが特に強くなり硬くなっているので腰を前側にひつぱるようになってしまいます。
これらの筋肉が硬くなると骨盤が前側に傾いてきます。
そして腰が反りやすく、お腹やお尻の筋肉に力が入りにくくなってしまいます。

もともと腰が反っている状態なので、腰を反ることでさらに腰の反りが強くなるので腰痛の症状が出やすくなります。

このような方に必要な運動は、まず硬くなった筋肉を伸ばすストレッチです。
股関節の前側の筋肉
太もも前側の筋肉
腰の筋肉
これらの硬くなった筋肉を伸ばすことがとても大切です。

これらの筋肉を伸ばすことで、骨盤が前に傾いている状態から骨盤が後ろ側に動きやすくなります。
この状態で反ると股関節の前側で体の動きを制限していた筋肉の制限がなくなるので腰を反った時の腰痛がなくなったり軽減されます。

腰を反ると痛くなる腰痛の方は、ぜひこの硬くなっている筋肉を伸ばすストレッチを行うようにしてみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちらまで

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら

アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております