- Blog記事一覧 - 足首の記事一覧

足首の記事一覧

スポーツ障害で痛くなってしまうスポーツキッズへ

2018.08.11 | Category: ストレッチ,パフォーマンスアップ,腰痛,膝の痛み,足首

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

今回は、スポーツ障害で膝や足首など体に痛みが合って困っているスポーツキッズへのアドバイスです。

当施設に来られるスポーツを頑張っている子供たちは、運動のパフォーマンスを高めたいという子供たちの他に身体の痛みに悩んでいる人も多く来られます。

痛みというのはいわゆるスポーツで使い過ぎてしまうスポーツ障害です。

沢山走って、ジャンプして、ボールを蹴って・・・
ほとんどが膝や足首が痛くなります。

野球などの上半身を多く使うスポーツは肩や肘が痛くなります。

多くのスポーツで共通するのが上半身と下半身をつないでいる腰です。
腰も過度に使い過ぎたり正しい身体の使い方をしないことで腰痛になります。

当施設に来られるスポーツ障害のスポーツキッズたちは、ほとんどストレッチを知りません。
というか、なんとなくやっていても正しく出来ていなかったりです。

また、話を聴く範囲では部活動やスポーツ少年団などでの練習ではストレッチは行わない事が多いようです。
おそらく、指導者の方たちは技術的な練習をメインで行うのでストレッチを行う時間がもったいないと思われていると思います。

ストレッチという事を理解している指導者はまだいいのですが、それすら理解していない指導者もたくさんいると思います。

なので、指導者任せでなくスポーツを頑張っている子供たちやその保護者の方々にストレッチが必要だという事を認識して頂き
練習で行わないのであれば、自宅でストレッチを行うという事をぜひ取り入れて頂きたいと思います。

スポーツ整形外科でも10年間働いていましたが(現在は非常勤勤務)痛くなって病院で初めてストレッチを行うという事を知る人が子供も大人も多いです。

痛くなってからストレッチではなく、痛みが出ないようにストレッチを取り入れてもらいたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちらまで

足の指は開きますか?

2018.03.06 | Category: 足首

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの18年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

今回は、足の指についてご紹介します。

本日、指導をさせて頂いた方の中で足の指がうまく開かない女性の方がいました。
実は、足の指がうまく開かない人はとても多いです。

あなたの足の指はどうですか?

立っている時に指は曲がっていませんか?
全ての指が伸びていますか?

足の指や足の裏側には、沢山の細かい筋肉があります。
手も同様に細かい筋肉が沢山あります。

手は毎日、文字を書いたり、箸をつかって食事したりと細かい動作を行います。
でも足は、手と同じようにはつかっていません。
多くの人が立っている時もほとんど意識したことはないと思います。

実は足も細かい筋肉が沢山あるので指が開いたり閉じたりすることは可能です。
赤ちゃんの時はこんなにしっかりと動いていたはずです。

大人になって動かさなくなると、足の細かい筋肉がうまく働かなくなります。
特に女性でつま先の狭い靴を履いていると足の指がギュッと固まった状態が続いてしまいます。

この足の指がうまく動かない状態で、たくさん歩いたり、ジョギングしたりすると
着地の衝撃をうまく吸収できなかったり、地面をしっかりと押すことができなかったりします。

こうならないために、足の指を動かすことが大切です。
以前紹介したように、テニスボールやゴルフボールで足の裏をゴロゴロマッサージすることとと

足の指を開いたり、閉じたりするグーパーの体操がとてもおススメです。
指を閉じるグー

指を開くパー

この二つを何度も繰り返します。

うまく開かないときは、手の指で広げてあげてください。
何度もやっていると少しずつ動くようになります。

ぜひ行ってみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

足はちゃんと伸びますか?

2018.03.03 | Category: パフォーマンスアップ,姿勢,股間節,膝の痛み,足首,足首、歩き方、

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。
フィットネスクラブ・スポーツ現場・整形外科クリニックでの17年間の指導経験を活かした体のパフォーマンスを高める方法や肩こりや腰痛に困らない「正しい姿勢づくり」を中心に指導しています。

今回も足のお話です。

前回、足の動きが悪いと膝や股関節に影響するという事をご紹介しました。
先日指導をさせて頂いた女性の方は、捻挫を繰り返しており足首が伸びきらない状態でした。

しっかりと伸びた足首の状態

足首が硬いというのは、つま先が自分の方に向かって曲がらないという状態を一般的に言います。

でも、つま先とすねの位置が直線にならない状態も足首が硬い伸びにくい状態です。
足首の前側の部分が硬くなってしまいます。

この女性の方は、足首が痛いだけでなく膝も痛くなっていました。
歩く動作を確認すると、つま先が伸びません。

歩く、走るという動作は地面をつま先でけって前に進みます。
なので足首は、つま先からすねまでが直線になるのが理想です。

足首が伸びきらない状態だったので、歩いても片足だけびっこをひいているような歩き方になってしまいます。
当然、歩幅も変わりますし左右の足にかかる負担も変わります。

そのために足首の上の膝や股関節が痛くなったりその上の腰や肩まで影響をもたらします。

捻挫を繰り返した方以外も、アキレス腱の断裂後に固定したり、骨折して固定したりしているとどうしても足首が伸びきらなくなってしまいます。

整形外科の病院では、理学療法士がリハビリを担当する場合はこの足首の動きまでしっかりと確認しますが、理学療法士がいないとそこまで細かくリハビリをすることはなかなか難しいのが現状です。

足首が気になる方や歩き方、膝の痛みなどが気になる方はぜひつま先が伸びるか?確認してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております