- Blog記事一覧 - 2017 12月の記事一覧

2017 12月の記事一覧

ぎっくり腰を予防する方法

2017.12.31 | Category: 腰痛

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。
体のパフォーマンスを高める姿勢、肩こりや腰痛に困らない正しい姿勢づくりを指導しています。

今回は、寒い冬に多いぎっくり腰を予防する方法をご紹介いたします。

ぎっくり腰は痛くなると痛くて、すぐに動くことができません。

私も今まで2回なりました。

1度目は、長距離運転の時に後部座席のティッシュBOXをとろうと後ろを向いたとき。

2度目は、腰が痛くて自分で腰をマッサージしすぎたとき。

ぎっくり腰のパターンとして徐々に腰に負担がかかりなるものと急になるものの2つのパターンがあります。

いずれにしても、腰に負担がかかって痛みが出る状態ですのでそうならないようにすることが大切です。
ではどうしたらいいのか?

毎年同じ時期になるとか、忙しくなるとなるなど繰り返す人はそのなりやすいパターンがあります。
なのでそのパターンをぜひ記録して覚えておくのが良いと思います。

多いのが、同じ姿勢を長く続けることで腰の筋肉が引き伸ばされている状態が続きます。
例えばかがんだ姿勢

かがんだ姿勢で長くいると、腰の筋肉が引き伸ばされている状態です。
筋肉が長く引き伸ばされていると、腰の筋肉が力を発揮しにくくなります。(縮みにくくなる)
また、関節がうまくかみ合っていない状態です。

このまま重いものを持ち上げたり、急に体をひねったりなど通常の姿勢の状態で通常の腰の筋肉の状態で何ともない動きでも腰の筋肉を傷めてしまいます。

もしかしたら、筋肉ではなくて腰の背骨の関節がうまくかみ合わなくなってしまっているかもしれません。

また、長い間かがんでいると背骨の間にある椎間板というクッションに圧力が過剰にかかっている状態です。
なので、前かがみ姿勢が多かったり、デスクワークや長距離運転が多い人は椎間板ヘルニアになる可能性が通常の人よりも高いです。

ですので、このようなかがんだ姿勢や同じような姿勢を長く続けないというのがポイントです。

でもコタツなどの床に座ってのかがんだ姿勢やデスクワークなど同じ姿勢を長く続けないといけない人はどうしたらいいのか?

それは、一度立ち上がるか仰向けで寝て伸びている腰の筋肉を通常の長さに戻してあげる事です。
逆に腰の筋肉を縮めるような腰を反る動作を行うという方法でも大丈夫です。

この姿勢も要注意!

このように洗面台で顔を洗うときの前かがみ姿勢も要注意です。

特に寒い冬の朝に洗面台で顔を洗うときの前かがみ姿勢は正しい姿勢をとらないと危険です。
この前かがみ姿勢のまま、くしゃみなんてすると腰に300㎏近い力が働きます。

前かがみ姿勢になる時はこれです。

これはグッドモーニングというエクササイズのフォームです。
背筋は伸ばします。
膝を軽く曲げて、股関節を曲げながらお尻を後ろに引きます。

この姿勢を保ちながら洗顔をすることでぎっくり腰の予防になります。
また、この姿勢の時は、腰の筋肉からお尻ももの裏側と体の裏側の筋肉を使います。

普段からこのようなグッドモーニング姿勢を取り入れる事でぎっくり腰だけでなく腰痛の予防になります。
私も、この姿勢で股関節をしっかりと曲げることを心掛けてヘルニアが改善しました。
(すべり症で腰を反ると痛みが強くなる人は注意してください)

この冬はぎっくり腰にならないようにぜひ、姿勢を注意してみてください。

脱ぎっくり腰

最後まで読んで頂きありがとうございました。
あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら

トレーニング納め

2017.12.29 | Category: 日常

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。
体のパフォーマンスを高める、肩こりや腰痛に困らない正しい姿勢づくりを中心に指導しています。

本日は、年内最終の営業日でした。

年内最後のトレーニングに来ていただいたお客様達からの頂き物です。
いつもお心遣いを頂きありがとうございます。

12月30日(土)~1月3日(水)までお休みとなります。
この期間、電話は出れませんが留守番電話かメールにてご連絡をお願いいたします。

年明けは、1月4日(木)~営業しております。

どうぞ宜しくお願いいたします。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら

冬休み中にスポーツ選手がやっておいた方が良いこと

2017.12.28 | Category: パフォーマンスアップ

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。
スポーツパフォーマンス向上や肩こりや腰痛に困らない正しい姿勢作りの運動を中心に指導しています。

今回は、冬休み中にスポーツ選手がやっておいた方が良いことをご紹介します。

我が家の息子2名も本日から冬休み突入です。

学生の皆さんは、年末から2週間ほど冬休みがあると思います。
冬休みの間は、

◇まず学校の宿題を終わらすこと!
◇次のお家の人のお手伝いをする事!

スポーツを頑張っている小・中・高校生は上記の2つに加えてこれを行いましょう。

まずは、ストレッチです。
ストレッチを毎日行って今よりも柔らかい体を作りましょう。
ストレッチは行うとすぐに柔らかくなるのですが、すぐに元に戻ります。

これは、身体がそのようにできているからです。
なのですぐに戻らないように毎日、3回行いましょう!

・朝起きて歯を磨いて、朝食を食べたらストレッチ
・午前中に勉強をして、ストレッチ
・午後は手伝いをして夕飯を食べてお風呂に入ってから、ストレッチ

これくらいの頻度で3回行ってみてください。

行うストレッチの種目は、なんでもいいです。
自分で特に硬いなと気になる部分のストレッチを徹底的に行ってみてください。

特に成長期の身長が伸びる時期は、筋肉が引き伸ばされて硬くなりやすいです。
毎日毎日行うことで、確実に筋肉が柔らかくなります。

硬い人は、1時間おきくらいに行ってみてください。

前屈で手が床につかない人はこのストレッチを行ってみてください。

手を床についてしゃがみます。
お腹と太ももが離れない状態をキープしながら、限界までお尻を持ち上げます。
そのまま20秒間キープでもいいですし、限界までお尻を持ち上げてから再びお尻を下げて20回ほど繰り返す。
どちらでもいいです。

柔らかくなるのでぜひ行ってみてください。

冬休みの間に柔らかくて、動きやすい体を手に入れてください。
学生だけでなく、大人も行えば効果抜群です。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら

今日の終わりは明日への準備

2017.12.25 | Category: パフォーマンスアップ,日常

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。

本日は、長野市の総合球戯場でJリーグインターナショナルカップを長男と観戦してきました。

決勝は、ガンバ大阪と京都サンガ。
結果はガンバ大阪が勝ちました。

長野市に総合球戯場Uスタジアムが出来たので、プロの試合やなでしこジャパンの国際試合、今回のような国際大会など沢山みれる環境になりました。
私が高校生だった時から比べたらすごいことです。
当時は、リバーフロントの芝生グラウンドしかなかったので・・・

職業柄スポーツ観戦に行くと、どんなウォーミングアップしているのかなとか、練習とかいろいろと気になったりします。

写真は、試合終了後の負けた京都サンガの選手です。
さっきまでグラウンドを走り回っていた選手が、スパイクを脱いで靴下のまま人工芝のウォーミングアップエリアを行ったり来たりとジョギングしています。
負けても、しっかりとクールダウンをしていました。

なぜ、サッカーで80分間も走った後にクールダウンでまた走るのか?

これは、アクティブレストと言って積極的に体を動かして疲労を回復させる方法です。

運動をしたら、「あー疲れた、バタンキュウ」ではなくてゆっくりと体を動かし続けます。
これを行うことで、ダッシュやボールをけった時の筋肉に蓄積している乳酸を除去することができます。
具体的には、乳酸はエネルギー源なのでジョギングなどをすることでエネルギーとして使われてなくなります。
そのためにゆっくりとジョギングしているのです。

もちろん、チームトレーナーの指示のもとという事もあると思いますが、
負けても、疲労を早く回復させて明日からの練習に臨む準備をしていると感じました。

負けても、きちんと次の準備を出来るチームはきっと強くなると思います。

「今日の終わりは明日への準備」

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体に合ったマンツーマンのトレーニング指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら

出来るようになるには練習するしかない

2017.12.23 | Category: パフォーマンスアップ,外部指導

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています、パーソナルトレーナーの栗林です。

本日は、午前中に長野市のシニア野球チーム「長野北シニア」のトレーニング指導に伺わせて頂きました。

会場は、牟礼西小学校の体育館。
周りはまだまだ雪があります。

12月はこれで3回の指導をさせて頂きました。

伺うたびに毎回、柔軟性のチェックをしています。
毎回少しずつ、立位体前屈で指が床につかない選手が減ってきました。
柔らかくなってきている状態です。

柔軟性が低くても、丁寧に正しくストレッチやエクササイズを行うとその場でも変化が出てきます。
その変化を持続するには、毎日毎日ストレッチという柔軟運動を継続する必要があります。

今まで、小学生・中学生・高校生と冬のシーズンを通してトレーニング指導をさせて頂きましたが、3ヶ月ほどで身体は本当に変わります。(大人もそうです)

正直、成長期の子供たちはトレーニングをしなくても自然と筋力がついてきます。
これは、スポーツを行っていない子供たちはそれでもいいと思います。

でも、何らかのスポーツを一生懸命に行っている、パフォーマンスを上げたいというのであれば積極的に運動をして筋力をつけたり、柔軟性を向上させたりという事はとても大切な事です。

特に、柔軟性を高めるストレッチは軽視しがちですが柔軟性が低い選手が中学や高校で毎日部活動を行うようになると
柔軟性が高い選手に比べて筋肉の疲労が溜まりやすくなります。
それが長く続くと体のバランスが崩れてきてスポーツ障害になり、病院に行かなくてはいけません。

私自身が今の運動を指導するきっかけとなったのは、ケガをすることで好きな部活やスポーツが出来なくなったことです。
周りはみんな部活をやっているのにケガをしていると自分だけできません。
たどり着いたのが、ケガをしない身体づくりです。
それを指導することを仕事にしたいと思い現在に至ります。

また、今回指導をさせて頂いたチームスポーツのように集団での指導をさせて頂くと、同じ年齢で同じ動作や種目でもできる選手もいればできない選手もいます。

運動神経が良いとか、発育発達過程で何かが欠けているとか、筋繊維の質の問題とか、いろいろ理由はあると思います。
でもあきらめないで、できない動作や種目を繰り返し練習してもらいたいと思います。

中学生だと、身長が大きな子もいれば低い子もいます。
いろいろな動作は、身長が低い子が得意だったりするかもしれません。

身長が高い低いはいろいろ理由がありますが、身長が伸びる時期が人それぞれ違います。
小学生で背が高い子は短距離などの走ることが得意かもしれません。
でも中学生くらいになってくると今まで身長が低かった子がどんどん伸びてきて、足の速さも変わったりします。

中学生で身長が高くていろいろな動作が苦手でも高校生になってから、その高い身長に体が慣れてその高い身長を使いこなせるようになるという事もあります。(こうなる前に自分には向いてないと思いあきらめてスポーツを辞めてしまったりする子もいます)

これは、人それぞれです。

なので、同じ動作でも出来る人と出来ない人がいても、ぜひあきらめないで努力する練習することを継続してもらいたいと思います。
世の中には遅咲きのアスリートが沢山います。

そのような選手は必ず努力をしています。

選手の皆さんも、ぜひ毎日コツコツと練習をして春にはよりパフォーマンスの高い体になって野球を楽しんでもらいたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

長野北シニアの詳細はこちら

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

冬の間にパフォーマンスアップしたいスポーツキッズはこちら

アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております