- Blog記事一覧

Blog記事一覧

戸倉小学校で子供の正しい姿勢講演会

2019.07.08 | Category: 未分類

パーソナルトレーナーの栗林です。

先日は、千曲市の戸倉小学校にて「子供の正しい姿勢づくり」について講演会をさせて頂きました。

今回は、低学年の保護者の方々と先生方を対象に講演をさせて頂きました。

内容としては、

・なぜ姿勢が大切なのか?

・姿勢が悪いとどうなるのか?いろいろと実験をして体感してもらいました。

・どんなことを取り組めばいいのか?

などをレクチャーとストレッチなどの実技を交えながら講習をさせて頂きました。

今回は生徒の参加がありませんでしたが、保護者の方はご自宅でお子さんと一緒に。先生方は学校で生徒たちと一緒に実技のストレッチを取り組んで頂ければ幸いです。

ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちらまで

速く走るには練習が必要

2019.06.24 | Category: パーソナルトレーニング,パフォーマンスアップ

パーソナルトレーナーの栗林太一です。

5月から6月にかけては運動会シーズンという事もあり、かけっこの指導を希望される保護者の方が多いです。

エチュードの営業時間的にお子さんの指導を出来る時間が限られています。そのため定期的にご利用される方の予約でほとんど埋まってしまいます。

今後、「かけっこ」や「速く走る」指導などをご希望の方には夏休みになってからのご利用をご案内させて頂いております。

 

昨日は、長野県小学生陸上大会が松本市でありました。

指導をさせて頂いた4年生の女の子が出場後に雨の中、お母さんと一緒に報告に来てくれました。

結果は入賞です。

1ヶ月前の北信大会よりも1秒以上速くなりました。

1か月間で1秒も速くなるのはとても凄いと思います。

1ヶ月間の間で4回の指導をさせて頂きました。私の場合は毎回宿題を出すので、持ってきたノートに自分で毎回書いてもらい家で実践してもらいました。

本人が本当に相当努力した結果だと思います。

 

お子さんの走り方の指導を希望される方は多いのですが、変化が出るお子さんの特徴があります。

それは、練習をする事です。

練習をして、定期的に指導を受けに来られているお子さんは走り方のフォームが変わりタイムも速くなっています。

 

大人も子供も体を変えていくには練習が必要です。

速く走りたい方はぜひ練習をしてください。

あなたの身体に合ったマンツーマンの運動指導はこちら

須高地区スポーツ推進委員協議会研修会

2019.03.27 | Category: 未分類

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。

パーソナルトレーナーの栗林です。

3月24日(日)に小布施町公民館にて須高地区スポーツ推進委員協議会研修会の講師を担当させて頂きました。

今回は自分の体を知って頂くというテーマで姿勢・柔軟性・筋力について

参加者の皆さんと一緒にご自身の体の状態を確認しながら実技を中心に行いました。

ご参加頂きました、須高地区スポーツ推進委員の皆様ありがとうございました。

あなたの体に合ったマンツーマンの運動指導はこちらまで

身体を反ると首が辛くなってしまう女性

2019.02.20 | Category: 未分類

長野県長野市でパーソナルトレーニング指導をしています。パーソナルトレーナーの栗林です。

今回は、体を反ると首が辛くなってしまう女性の特徴をご紹介します。


首に負担がかかる理由

首に負担がかかる理由として、首以外の背骨が上手く動かないという特徴があります。

エチュードで指導をさせて頂く際は、必ず姿勢と動作の状況を確認させて頂きます。

首に負担がかかる方は、猫背姿勢か頭が前に出ている姿勢の特徴があります。

動作としてしては、前屈み姿勢よりも体を反る動作が苦手です。

動かない部分を動かせるように

背骨は丸まったり、反ったり、捻ったり、横に曲げたりとする事が出来ます。

でも首が辛くなるという事は、

①首を過剰に動かしてしまう

②首以外の背骨が固まって動きにくい

③背骨以外の関節が上手く動かない

これらを改善していくために、背骨を動かす運動が必要です。

いろいろな運動があるのですが、代表的な運動をご紹介します。


このように四つばいになって、猫のように丸くなったり反ったりします。

この運動を行う時は、痛みのない範囲で首、胸、腰をしっかりと動かします。

首がきつくなる方は、首以外が上手く動かない事が多いので首以外を意識的に動かすようにしていきます。

この運動を行うだけでも、体を反った時に首の辛さが改善される事が多いです。

同じように身体を反ると首が辛いと感じる女性の方は、参考にしてみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体にあったマンツーマン指導はこちらまで

http://nagano-etude.com

長野市 寝る時に靴下を履かなくてもよくなった女性

2019.02.17 | Category: ストレッチ,体幹トレーニング,姿勢

パーソナルトレーナーの栗林です。

今回は、冬場の就寝時の靴下がいらなくなった50代女性のお話です。

冷え性で靴下が手離せない女性の方の方は参考にして下さい。

靴下を履かなくても大丈夫

冷え性の原因

冷え性の原因として一番は血行不良です。

血液の循環が良くないことが原因です。

心臓から全身に血液を送る

血液が心臓から血管を通って全身に送られます。

生きている人間は体温が一定に保たれているのは、心臓が常に血液を全身に送っているからです。

ちなみに人間は心臓が止まると身体が冷たくなります。

それだけ、心臓が常に動いて血液を循環しているという事は体温を保つために大切なことです。

血液は筋肉に送られる

ふくらはぎの筋肉

血液は心臓から筋肉に送られます。もちろん筋肉以外の内臓などの臓器にも送られます。

なぜ筋肉に血液が送られるかというと、筋肉を動かすために血液が必要だからです。

筋肉がある人は筋肉が少ない人よりも血流が多いので、冷え性にはなりにくいです。

男性よりも女性に冷え性が多いのは、女性の方が男性に比べて筋肉の量が少ないからです。

血管の通り道

姿勢と冷え性

身体の中には、大きな血管が通っている場所があります。

脇の下と鼠径部です。

いわゆる腕と足の付け根の部分です。この部分の筋肉が固くなると血液の通り道を狭くしてしまうので、手先や足先の血流が滞ってしまいます。

筋肉があっても姿勢が悪いと冷え性にもなってしまいます。

冷え性に必要な運動

冷え性を改善していくために必要な運動は?

①血液の通り道を広げるストレッチ

ストレッチで固くなった筋肉を緩めていきます。

股関節前側のストレッチ

鼠径部を緩めるためのストレッチで、足の先まで血液が通うようにする。

②筋肉を増やす筋力トレーニング

下半身の筋力トレーニング

スクワットで下半身の筋力を使ったり、筋肉を増えるようにしていきます。

上半身は、背中の筋力トレーニングなどで筋肉を使っていきます。

③有酸素運動で心肺機能を高める

ウォーキング

ウォーキングなどの有酸素運動を継続することで毛細血管を発達させて身体の隅々まで血液が通うようにしていきます。

この女性の方も、ストレッチ、筋力トレーニング、有酸素運動を半年間継続することで血流が良くなり、冬場の就寝時の靴下がいらなくなりました。

同じように、冬場の冷え性にお困りの女性の方は参考にしてみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

あなたの体にあったマンツーマンのトレーニング指導はこちらまで

http://nagano-etude.com

アクセス情報

所在地

〒381-2212
長野県長野市小島田町555-187

駐車場

2台あり

休館日

日曜・祝祭日

予約について

当施設は完全予約制となっております